田中道子、ドラマ以外で初の制服姿

ミス・ワールド2013日本代表で、2016年の連続ドラマ「ドクターX~外科医大門未知子~」(テレビ朝日系)にて女優デビューした田中道子(28歳)が1月26日、ドラマ以外では初となる制服に身を包み、東京・金町消防署の1日消防署長の大役に臨んだ。

これは1月26日の文化財防火デーに、都内で初めて重要文化的景観として答申されている葛飾・柴又地域の帝釈天題経寺において、地域の絆で文化財を防護することを目的に行われたもの。任命式で委嘱状を受け取った田中は、金町消防署員、金町の消防団によるバケツリレー、放水を視察した。

1日消防署長を務めての感想を求められた田中は「本当の制服を着て、身が引き締まる思いです。バケツリレーや放水を見て、皆様の的確な行動に大変感動しました。1日消防署長は憧れでしたので、今回やらせて頂けて光栄です。地域の人たちとも触れ合えて嬉しかったですね」とコメント。

また、今年のNHK大河ドラマ「西郷どん」に、タマ役での出演(第9話、3月4日放送回より)が決まっていることについては「ドラマの収録の中でも、セットの規模やスタッフの人数などが物凄くて壮大ですね! 遅くまで撮影がある時などスタッフの方々が真剣に、また場を盛り上げてくださって熱意を感じています」と語り、今後の目標については「小さい頃からアクション女優になりたくて、今もアクションの演技レッスンを受けてます。アンジェリーナ・ジョリーやミラ・ジョヴォヴィッチが大好きです。アクション映画や刑事物のドラマに出たいです!」と目標を語った。

あなたにおすすめ