最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ゴルフ初心者必見! 正しいアドレスの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフ初心者にとって、アドレス(クラブを構える姿勢)を決めることが上達への第一歩になる。アドレスは、クラブを気持ち良く振るための準備姿勢なので、バランスよく立つことが重要だ。今回は正しいアドレスの作り方について紹介しよう。

ジャンプして着地した時にできる下半身の姿勢がバランスの良いアドレスをつくる!

ジャンプ1jpg

1、適度なスタンス幅は、両足の内側と自分の肩幅がほぼ同じくらいだ。
2、お尻を少し後ろに突き出すようにすると、下半身が安定しやすい。
3、そのまま真上にジャンプしてみよう。
4、着地する瞬間のように重心をツマ先寄りに乗せよう。

体重は左右均等にのせて、ボールを体の中心線上にセットする。スタンス幅は自分の肩幅くらいが目安だが、ジャンプして着地した時の足幅を基準にするのが一番良い方法だ。着地する時は、誰でもツマ先から着地するので、重心をツマ先寄りに、つまり足の前半分に乗せて構えると、バランスの良い前傾姿勢がつくりやすくなる。

ジャンプ2jpg

さらにクラブを腰の前から当てて、お尻を後ろに突き出すようにしてアドレスの姿勢を整えよう。

両手を脱力させた姿勢でクラブを持つことを覚えよう!

力を抜いたスイング1jpg

両腕を自然に下げて、両ヒジを腰骨に向けて構えよう
1、アドレスでは両腕の力を抜くことが大前提となる。
2、前傾姿勢をつくったら、ゴリラのイメージで両腕をだらりと下げよう。
3、お腹とグリップエンドの間に、自分の握りこぶしが1つ半から2つ入るスペースが目安だ。
4、ボールを体の中心線上に置き、両手の位置は左モモの付け根の前。最初はティアップして打とう。

アドレスの鉄則は「下半身はしっかり、上体はリラックス」。クラブを持つと肩や腕に力が入ってしまいがちだが、こうした「リキミ」が体のスムーズな回転を妨げる元凶になる。上体に力が入るほど、下半身のバランスが崩れて、ボールに当たらなくなるのだ。足の前側に重心を意識して前傾姿勢をつくったら、肩や腕を両腕を自然に下げて、両ヒジを腰骨に向けて構える脱力させて自然に下げよう。そして両ヒジを腰骨のほうに向けた状態で両手のグリップをつくれば、アドレスの姿勢もグリップの握りのバランスが整う。

力を抜いた姿勢2jpg

【○】両腕をだらりと下げた位置で構えると、体とボールの感覚を適度に保ちやすい。
【×】ボールから離れすぎて前傾姿勢が深くなりすぎたり、ボールの近くに立ちすぎて棒立ちになったりしないこと。

初心者のうちはアドレスがなかなか決まらないものだが、今回紹介した内容を実践することでバランスが良くなり、クラブを気持ち良く振ることができるようになるのだ。ぜひ、取り入れてみてほしい。

●高田 順史(指導・解説)
たかだ・じゅんじ/ 1973年生まれ、静岡県出身。2004年プロ入会。チームセリザワゴルフアカデミーのヘッドプロとして、大箱根カントリークラブを拠点に多くのアマチュアを指導している。

(出典:『一番よくわかるゴルフビギナーズガイド』

(ヤマダタケシ)

外部リンク(エイ出版社)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス