「待機児童なんか一人もいない」 自民党・杉田氏の発言に批判殺到

しらべぇ

2018/1/26 16:00


(画像はTwitterのスクリーンショット)

社会問題となっている待機児童問題。女性の社会進出、家庭の経済状況からの共働き、保育士の不足などから、今もなお保育所の順番を待つ親たちは少なくない。

この待機児童をめぐる問題について、自民党の杉田水脈衆議院議員のツイッターでの発言が物議を醸している。

■「待機児童なんて一人もいない」


問題となったのは24日のツイート。待機児童について叫ばれる昨今について「世の中に『待機児童』なんて一人もいない」と発言した杉田議員。「子供はお母さんといたいもの」とし、子供たちは保育所を待っていないと主張した。

さらに「待機してるのは(子供を)預けたい親でしょ」と、家庭の事情で子供を預けることができない親を非難しているともとれる発言で締めた。


■「世の中のお母さんを追い詰めていく」の声


ツイートを受け、ネット上では「他人の痛みがわかりますか?」「そうやって世の中のお母さんを追い詰めていくんですね」と批判の声が相次いだ。

・え、じゃあ養うためにお金頂けますか? それとも専業主婦じゃないと子供は産むなってことですよね?

・政治家が言っちゃいけない発言だな。子供と一緒にいるのが嫌で保育園に預けるお母さんがいると思ってるのか?

・子供と一緒に居たいと思っている母親も多いと思いますよ。ですが、働かないと生活出来ない家庭があるからです。どの家庭も高所得世帯だと思っておられるのでしょうか?

その他にも、「待機児童という単語が正しくないなら、保育園待ち親でもなんでも、言葉は変えてくださいよ。でもそれがなんなんですか」「言葉選びが悪すぎる」といった、声もあがっている。

■補足するも再度炎上


こういった批判を受け、杉田議員は「日本の施策には子供の視点が抜けているのではないかということ」とツイートし、深夜には「子供の成長に何がいいのか? 一番わかるのはお母さんですよね?」と補足した。

また「私はゼロ歳児クラス(実質は1歳)から保育所にあずけてました」と語った。





しかしこれらの発言についても、「子供を育てるのは母親の役目」という価値観の押し付けととる意見も多く、「親が子を思う心と待機児童問題をゴッチャにするな」「別にわかるのはお母さんじゃなくてもいい。なんでお母さんじゃなきゃいけないの?」と、批判が寄せられた。

■「一理あると思う」の声も


激しい批判が相次ぐ一方、杉田議員に共感する声もあがっている。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』の意見を抜粋すると…

・親が共働きだったから杉田さんのいってる事は良く解る 解るけど親の立場だと違うよね この問題難しい

・でも実際になんで預けんの? って親いるからなあ。それを真に受けて変な風に動いている行政も税金の無駄使いだし…

・首都圏で働きたい親のエゴで、一理あると思うけどな

■待機児童問題は改善している?


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,354名に「待機児童問題」についての意識調査をしたところ、「改善している」と回答したのは全体の1割。

(©ニュースサイトしらべぇ)

「改善していない」は約4割、「どちらとも言えない」が5割を超える結果となった。世間は、問題の解決をしていないとの印象を抱いているようだ。

「子供目線での施策が必要」との意見そのものについては納得する声があがりながらも、その他の言葉選びや価値観に批判が集まった今回の一件。「子供といたくても働かなければいけない」と悩む親にとっては「無神経な発言」と思われるのも仕方がないのかもしれない。

・合わせて読みたい→保育園なんていらない? 待機児童にたいするママたちの本音

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス