最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

生田絵梨花ソロライブの感動がよみがえる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年12月25日に生放送され、ファンにとって最高のクリスマスプレゼントとなった「MTV Unplugged: Erika Ikuta from Nogizaka46」。このたび見どころを凝縮したディレクターズカット版として再編集され、1月28日に放送されることが決定した。

これまで宇多田ヒカル、平井堅、布袋寅泰、西野カナ、KinKi Kidsら豪華アーティストが出演してきた伝統ある音楽番組「MTV Unplugged」。今回のライブは乃木坂46メンバー初のソロコンサート、さらに「MTV Unplugged」史上初の生放送という、生田にとって大きな挑戦となるライブとなった。

白いドレスに身を包み登場した生田は、乃木坂46の楽曲「私、起きる。」「僕が行かなきゃ誰が行くんだ?」をアコースティックバンドの演奏をバックに披露し、ライブをスタートさせる。今回は来場者にドレスコードが設定されていたため、MCでは集まったファンに対し、「いつもの皆さんと雰囲気が違って、なんだか改まってしまいますね」と緊張した様子を見せた。しかしパフォーマンスでは、緊張など微塵も感じさせない堂々たる歌声を披露。乃木坂46の卒業メンバー橋本奈々未のソロ楽曲「ないものねだり」を歌唱した際には涙を見せる一幕もあったが、欅坂46や前田敦子の楽曲のカバー、「アナと雪の女王」の挿入歌「生まれてはじめて」などさまざまな楽曲を力強く歌い上げた。そしてラストには自身もピアノ演奏でバンドに加わり、乃木坂46の「君の名は希望」を熱唱しフィナーレ。終了後には「自分にできるかどうかずっと不安だったのですが、見守ってくださった皆さんのおかげで、このライブを楽しむことができました。ありがとうございました」とスタッフ、観客に感謝の思いを伝えた。

大盛況のうちに幕を閉じた今回のライブ、見逃した人はこの機会にぜひチェックしてみよう。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135071/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス