HKT48豊永阿紀 “二眼レフ”を自作 ダレノガレとは違う方向で注目される

ダレノガレ明美が1月18日にSNSで「一眼買ったぜ 使い方わからないから店員さんにいろいろ教えてもらった…」とつぶやきキヤノン“EOS 5D Mark IV”を公開したところ、「いいカメラ買いましたね!」「Mark IVにLレンズ…使い方も分からない人がいきなり買うカメラじゃないって」など賛否のコメントが寄せられた。彼女はそれを受けてめげるどころか、「ダレノガレ『一眼買いました』からの炎上とか最強かよ私! だからまた載せちゃう! 炎上した一眼」と自慢のカメラを再度披露している。

そんななかHKT48豊永阿紀が23日、「二眼レフが欲しかったので、自分で作りました」とツイートして自作のカメラを公開した。彼女はSNSのプロフィールに「カメラ(#1047camera)と猫と本と不動産サイトが好きです」と載せるほどカメラ好きなのだ。

学研ムック『大人の科学マガジン』の付録で作ったようだが、それでも見事な仕上がりに「自作出来るん? 職人かよ」「えっ! 作ったの!! すご!! 二眼といったら僕の中ではディケイドの印象がかなり強いです」「アイドルじゃなくて職人の顔になってるよ」などのコメントが寄せられている。

また、『豊永阿紀 aki_t_official Instagram』では「父の撮る私が好き。めったに撮らないけど、たまに撮ってくれる。だから好き…」とカメラ好きになったきっかけを明かし自作の二眼レフを別アングルで公開すると、こちらもフォロワーから「すげええええええええ!!」「信じられないクオリティ 質もあるけど、技量なのかな?」「欲しいけん作ろ!の時代になったん!?」と反響があった。

ダレノガレ明美や「いいカメラ買いすぎて炎上w俺もあったよw」という品川祐(品川庄司)のようなケースもあれば、手作りのカメラを驚かれる豊永阿紀のような場合もあり、注目のされ方も様々である。

画像は『豊永阿紀 2018年1月23日付Twitter「二眼レフが欲しかったので、自分で作りました。」「最終ベルが鳴る公演 千秋楽を観てきました、、、!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス