阪神梅田本店“阪神のバレンタイン”は、スペインからやってきた初登場チョコレートや限定フォトジェニックスイーツが登場!

Walkerplus

2018/1/26 14:25

バレンタインに向けて、百貨店のチョコレートイベントがいっせいに開幕!「阪神梅田本店」のバレンタインから、スペインから上陸した日本初登場の3ブランドや、阪神限定のフォトジェニックスイーツをご紹介!<※情報は関西ウォーカー(2018年1月23日発売号)より>

■ スペインから上陸した日本初登場3ブランド

スペイン最古の製造方法である石うすチョコから最新チョコまで、情熱の国・スペインから届いた日本初登場チョコをクローズアップ。

「ファルガス」の「石臼で挽いたチョコレート」(8粒入り・1026円)。創業1827年の老舗。石うすを使い、カカオと砂糖のみで作られる昔懐かしいシンプルなチョコレート。

「パプア チョコラテス」の「スペインチョコレート詰め合わせ」(6個入り・1404円)。バレンシア産のオレンジやオリーブを使用。見た目も鮮やかで、まるで宝石のようなショコラにうっとり。

「サンタクララ修道院」の「カヴァ入りトリュフ」(10個入り・1026円)。スペイン産のスパークリングワイン“カヴァ”がたっぷり。近年有名パティシエが監修し話題に。

■ 阪神にしかないフォトジェニックスイーツ

おいしいのは当たり前、見た目やこだわりが詰まったスイーツが会場内にはたくさん。写真映えする限定チョコを要チェック!

「モンロワール」の「フルーツミックス〈ハート〉」(1620円)。約21cm幅と巨大!ドライフルーツ入りのチョコに、貴腐ワイン漬けのレーズンをトッピング。B1洋菓子売場で販売。

「吉祥菓寮 祇園本店」の「ラズベリーショコラパフェ」(1001円)。メレンゲやラズベリー、ショコラムースなどを重ねた限定パフェ。味はもちろん美しいデザインが秀逸。

【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)

https://news.walkerplus.com/article/135090/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス