上戸彩、母としてジュエリーへの想い明かす「娘が着けてくれたら」

クランクイン!

2018/1/26 12:01

 女優の上戸彩とタレントの岡田結実が、25日に都内で開催された「第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の授賞式に出席。上戸は自身のジュエリーについて「娘が着けてくれたらいいなと思いながら、一つ一つ大切にしていきたい」と語った。

【写真】「第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」授賞式フォトギャラリー

「第29回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」は、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」、そして「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門のそれぞれに分けて選考し、表彰するもの。

30代部門を受賞した上戸は、ジュエリーについて「すごく背中を押してもらう」としみじみ。10代の頃を振り返り「不安がいっぱいでお仕事をしていたんですが、大切な方からもらったアクセサリーを身に着けることで、すごく自信をもってステージに立つことができた」と述懐し、当時のジュエリーを今でも大切にしているとコメント。「本当に、ジュエリーには支えられるばっかりだなと思います。私も母になったので、今着けているジュエリーを、娘に継ぐといいますか、娘が着けてくれたら良いなと思いながら、一つ一つ大切にしていきたい」とも語った。

一方、10代部門を受賞した岡田は、囲み取材で副賞として授与されたジュエリーの感想を問われると「どんどん着けていって、似合う女性になれたら」とニッコリ。事務所の先輩である上戸が、かつて同賞の10代部門に輝いたことに話が及ぶと「ずっと輝き続けていらっしゃるからこそ、上戸さんがスピーチされている後ろ姿を見て、いつかあんな姿になりたいなと、失礼ながら思ってしまいました」と憧れの気持ちを語り、将来については「できるだけ息の長い人にはなりたい(笑)」と思いを語った。

当日は、菜々緒(20代部門)、遼河はるひ(40代部門)、浅野ゆう子(50代部門)、大竹しのぶ(60代部門)、福士蒼汰(男性部門)、浅丘ルリ子(特別賞女性部門)、村田諒太(特別賞男性部門)も登壇。 菜々緒はジュエリーを身に着けながら“菜々緒ポーズ”を披露して会場を沸かせた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス