最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

寒くてもグッスリ眠れる「熟睡術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 まんじりともできず、心臓が急にバクバク鳴り出す瞬間、あなたは“突然死”の入り口にいる――ピンチを救済ッ!

厳冬到来。寒いなぁ、きついなぁ、寝つきが悪くて眠りも浅いなぁ――こんな読者も多いことだろう。『宮元通りクリニック』(東京大田区)の渡会敏之院長によると、冬の不眠は「最悪」のひと言。風邪、インフルエンザばかりか、さまざまな大病を呼び込みうる“元凶”だと言う。「睡眠が十分でないと、免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなります。加えて、慢性的な不眠症は、高血圧、糖尿病などの生活習慣病に結びつく。さらに、最悪のケースでは、自律神経がおかしくなり、心筋梗塞などの“突然死”につながることもあります」(渡会院長)

春を前に、ポックリ逝くのだけは避けたいもの。そこで、徹底取材で分かった「寒くてもグッスリ眠れる」熟睡方法を伝授しよう。

しかしながら、冬に眠れないのには、理由がある。「体が冷えると、自律神経は、交感神経が優位になります。そうして分泌されるアドレナリンは、意識を覚醒させ、人を眠らせまいとする。だからこそ、冬の不眠には“温めること”が最重要なのです」と言うのは、医療ライター。事実、布団を何枚も重ねたり、夜着を着込んだりして寝る人も多いが、実はこれは逆効果。寝返りが打ちにくくなり、安眠を妨げるのだが、一方で、「鉄板で使えるのはコレです。今、若い人の間でも流行っています」(前同)

というのは、ご存じ、あの湯たんぽ。「100円ショップでも売っていて、低温やけど防止用のカバーまでそろいます。私も漢方医に薦められて数年前から愛用しています。湯たんぽを布団に入れておくと、30分もすれば、寝床はホッカホカ。グッスリ眠れますよ」(同)

2リットルほどのお湯が入る湯たんぽであれば、翌日の昼頃まで温かさが保たれているという。安くてエコだし、オススメだ!

■トイレの後に眠れなくなるのはなぜ!? 冬に熟睡できないのは、寒さに加え、寝室が乾燥していることも原因の一つ。かゆみや、喉の渇きで目覚めるのも、湿度が低く、空気がカラカラのためだとう。「冬の湿度で言えば、50~60%が快適に眠れる基準値。何もしなければ、多くの場合、この数値を下回ります。対応策として、加湿器がなければ濡れタオルを寝室に干すだけでもOKです」(医療メーカー開発スタッフ)

水分が足りなければ、寝る前にガブガブ飲めばいいというのは、大間違い。夜間に起きる“頻尿”の問題にも目を向けたい。前出の渡会院長は「一晩に3回以上トイレに起きてしまう方は、病院で診察してもらう必要がある」と言い、こう続ける。「中高年になり、トイレに行く回数が増えるのは、男性の場合、前立腺肥大と過活動膀胱の2パターンが多い。でも、この2つは薬の処方も違うんですね。きちんと診断してもらい、自分に合った薬を飲めば、夜のトイレの回数を減らせますよ」

トイレに行った後に眠れなくなるのは、廊下やトイレで体が冷えるのが原因。ここでも、やはり“冷え”が問題だが、それだからこそ、寝床のすぐそばにハンテン、厚手の室内スリッパなどを用意して、体を冷やさないようにしたい。

■運動や食事、入浴法に注意 寝具や寝室だけでなく、日常生活のひと工夫でもグッスリ眠れるコツがある。「冬は運動量が減るため、体温も上昇しづらく、これが熟睡を妨げます。通勤時に早歩きをしたり、一駅区間を歩いたりするなど、少しでも運動量を上げることを心掛けると、眠りの深さは大きく変わってきますよ」(スポーツインストラクター)

他方で、快眠を促す食事や飲み物もある。豆腐、納豆などの大豆類を積極的に食べるといい。「夜に眠くなるのは、睡眠ホルモンの“メラトニン”が分泌されるから。このメラトニンの分泌を促すのが“トリプトファン”というアミノ酸で、大豆はこれを多く含有しているのです。他に、アーモンド、バナナ、カカオ、牛乳なども同様の理由でオススメです。寝る前に、温かいミルクココアを飲むのもいいでしょう」(前出の医療メーカー開発スタッフ)

就寝前、入浴法のひと工夫でも睡眠は変わる。「40℃前後の湯に10分ほどゆっくり浸かって、温まり切ったら寝床に飛び込む。こうすると、体の深部の体温が自然と下がり、それに伴い体が休息状態になって、眠気が訪れます」(前出の医療ライター) 言うまでもないが、湯に浸かりながら眠るのはダメ、ダメ、絶対ダメ。溺れてしまいます!

■熟睡できるツボとは!? 一方、ズバリ、“熟睡できるツボ”が人体にはある。自分で簡単にできる“熟睡ツボ押し”を『武井鍼灸院』(埼玉県さいたま市)の武井重樹院長に聞いた。

1つ目が失眠。心身の緊張などをときほぐし、睡眠へと誘うという。場所は、足の裏、かかとの中央のへこんだところだ。「かかとにあるツボを、拳の固いところでトントントンと叩くようにします。ちょっと強めに叩くのがコツです」(武井院長)

2つ目が巨闕。肉体的な疲れ、ストレスを和らげ、不眠に効くという。みぞおちのすぐ下、押すと気持ちいいところがソレだ。「親指以外の4本の指で、押して離す。これを何回か繰り返します」(前同)

3つ目が完骨。耳の後ろにある、後頭部を覆うような骨の下の後ろ側にあるポイントだ。このツボは親指を使うべし。「押すというより、頭を指に押しつける感じです。私の施術では、刺激が気持ちよく、そのまま寝てしまう患者さんもいるぐらいですよ」

温かくして、リラックス。これが、熟睡の最重要ポイントと言えよう!


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス