自他とも認める変態はマシ? 「本当にヤバイのはひっそりと…」の声

しらべぇ

2018/1/26 11:00


((C)ぱくたそ)

自他とも認める変態となると、かなりの逸材だと想像される。一体どんな人たちなのか、気になるところだ。

そこでしらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,328名に「周囲に変態として認められている」かの調査を実施。

その結果「あてはまる」と答えた人は11.7%と、やはり少数であった。そこまでの変態は、あまりいないのだろうか。

■若い頃に変態キャラは許されても…


年代別では、20代から30代の男性に多くなっている。

(©ニュースサイトしらべぇ)

若いうちは欲望が抑えきれず、変態的な発言をしてしまう人もいるようだ。

「下ネタが多いから、変態と思われている。性的志向としては、それほど変わっていないと思うけど」(20代・男性)

40代から一気に下がるのには、理由がある。

「若い頃は許されるのかもしれないけど、おっさんが変態なのは洒落にならない。女性社員に変なことを言えば、セクハラ待ったなし。

だから、いくら心の中ではいやらしいことを考えていても、口には出さないようししている」(40代・男性)

■女性にもいる変態キャラ


女性でも、20代では2割近くと多い結果になっている。女性の変態とは、どんなタイプなのだろうか。

「男性社員と一緒に飲んで、ただひたすら下ネタを話している。私も男みたいな扱いなので、みんな気兼ねなく変態話を聞かせてくれる」(20代・女性)

しかし、本当の変態には、太刀打ちできないとの声も。

「会社にいる男性は、レベルが違う。出会い系で知り合った人とのリアルなプレイを、詳細に話してくる。変態とはこのような人で、自分はまだまだ正常なのだなと思った」(30代・女性)

■本当にやばい人は隠している


自分を変態だと自覚している人は、周囲にも認められている人が多い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

変態をオープンにしている人が、多めのようだ。

「変態と認識されているくらいの人は、きっとそれほどでもない気がする。本当にやばいのは、まじめそうに見えて実は変態の人」(30代・男性)

変態と認められているからといって、周囲の人すべてがいやらしい話を快く思っているわけではない。話す相手には、注意して欲しいものだ。

・合わせて読みたい→女性にツバや尿をかけた無職の男が逮捕 約50件の犯行に「気持ち悪すぎる」と悲鳴も

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年11月17日~2017年11月20日
対象:全国20代~60代の男女1,328名 (有効回答数)

あなたにおすすめ