最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『新機動戦記ガンダムW』リーオーが初HG化、全く新しい組立時間を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年5月発送予定「HGAC 1/144 リーオー」(1,080円/税込)

バンダイが展開するガンプラの新機軸「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」第4弾として、『新機動戦記ガンダムW』の量産型MSリーオーが初の「ハイグレード(HG)」で立体化。「Fine Build(簡単組立)」をコンセプトに、ハイクオリティな可動とディテールを実現しつつ、さらに全く新しい組立時間を実現した。2018年5月発売で、価格は1,080円(税込)。

「HGAC 1/144 リーオー」は、新関節構造により抜群の可動域を実現しつつ、さらに関節の組立時間を短縮。関節部を後からはめ込むことができ、塗装派ユーザーにもやさしい仕様に。部位ごとに集約されたランナー構成となっており、さらにアイコンを採用した取扱説明書で簡単組み立てをサポートする。

一方で、組立やすさだけでなく、最新フォーマットに落とし込んだデザインと精密なディテールの再現を両立しており、頭部メインカメラにはクリアパーツを採用するなど、シールなし、成形色のみで6色の色分けが可能。武装はドラムガン、ビームサーベル、シールドが付属。ビームサーベルの柄は設定どおりにシールドの裏に収納することが可能で、ドラムガンは両手で保持ができる構造を採用している。

(C)創通・サンライズ

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス