浅倉大介、小室哲哉とのユニットPANDORAミニアルバム『Blueprint』に向け「胸を張って!」

小室哲哉と浅倉大介によるユニットPANDORAがミニアルバム『Blueprint』を2月7日にリリースすることが発表された。avexが発売決定の告知とともに1月25日、YouTubeで『PANDORA / mini AL「Blueprint」Release info Movie vol.1』を公開した。2人が並んで話し合いながら音作りする場面も見られ、楽曲への期待が高まる。

浅倉はその告知映像を『浅倉大介(daisukeasakura)ツイッター』でリンクすると、「胸を張って!! 背筋を伸ばして!! 宣伝したいと思います!!」とツイートしている。

1月24日に日本武道館で行われた『超英雄祭 KAMEN RIDER × SUPER SENTAI LIVE & SHOW 2018』にPANDORAも出演、『仮面ライダービルド』の主題歌『Be The One』(PANDORA feat.Beverly)をパフォーマンスしたばかりだ。

さらに26日にはビルボードライブ東京でPANDORAがライブを行う。この日はサポートメンバーのBeverly抜きでの出演とあり、浅倉も「最も敬愛する師と2人の最初のステージ…奏でる音の全てが1ミリsecまで余すことなく響くように…」と厳粛な気持ちで臨む。

19日に小室哲哉が行った会見は「引退会見」と呼ばれるが、彼は今後の活動について「望まれるのであれば、最低限のことは全うしていきたい」としている。また、世論に耳を傾けて「音楽作れよというような意見の割合がどれほどあるのか、その数字に従いたい」とも話していた。

『超英雄祭』を観た人々からは、ツイッターで「良かったなぁ…てっちゃん、特撮クラスタからも声援もらって…少しは“必要とされてる”って思ってくれたかな…」「小室さんの言ってた“何割”“数に従う”の部分は、昨夜のもともとファンじゃない方が大半だった武道館1万5000人の会場の大歓声を見渡して、どう感じたんだろうなぁ…」などの声がつぶやかれている。

ミニアルバム『Blueprint』では『Be The One』の新ミックスバージョンに加え新曲も収録される。少なくともPANDORAを通しての活動は急に止まらないだろう。

画像は『浅倉大介 2018年1月25日付Twitter「最も敬愛する師と2人の最初のステージ…」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ