最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

自殺遺体動画で炎上のYouTuberが「自殺防止の取り組み」と「100万ドル寄付」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事画像

昨年末に大炎上したYouTuberのローガン・ポール氏、元々の動画の性質もあって自殺遺体を笑い飛ばすその所業は多くの人の怒りを買いました。

そんな彼が早くも新しい動画をリリースしたとの事ですが、一体どんな動画だったのでしょうか?

■どう捉えるかは貴方次第


炎上YouTuberとして特に日本で大変有名になったローガン・ポール氏、もともと迷惑行為系の動画を多数リリースしており、例の「青木ヶ原の樹海での自殺遺体動画」も軽い気持ちでリリースしたのでしょう。

撮影地の日本はもちろんの事、世界中の人々から批判を受けた彼は動画を削除し謝罪動画をリリース、YouTubeから多少の制裁を受け事態は収集する…かのように思えました。

そんな彼は謝罪動画からおよそ3週間ぶりに動画をリリース、内容は「自殺防止啓発動画」といった趣旨のもので、自殺を考える人を救う5つの方法などを紹介しています。

またリハビリセンターの創始者や全米自殺予防ライフライン、自殺名所から奇跡の生還を遂げ立ち直ったケビン・ハインズ氏を訪問し、100万ドル(約1億1千万円)を寄付する事を約束しました。

この動画には字幕が設けられており、彼が例の動画投稿から自殺防止啓発に至るまでの軌跡を、ドキュメンタリー番組のような編集で仕上げられています。

…通常本当に自殺防止啓発に目覚めたなら、自分が悲劇の主人公に見えるようなドキュメンタリー仕立ての動画なんかリリースしないとは思うんですが…。

動画は最後に「これは始まりに過ぎない」と締めくくりこれからも何らかのアクションを起こしていく事を感じさせます。

ちなみに今までに投稿された迷惑系動画については現在も削除などの対応は取られていないようで、今後もそのまま残しておくようです。

■まとめ


今回リリースされた動画がファンやユーザの目にどのように映るかは人によるでしょうが、筆者の目には残念ながら真摯な行動には映りませんでした。

彼が今後どのような活動をしていくのかはまだ定かではありませんが、なんか何人かいる某炎上YouTubeのように数ヶ月後には平常運転に戻っているような気もしますが、皆さんはどうなると思いますか?

外部リンク(かみあぷ速報)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス