菜々緒、大胆ドレスで“菜々緒ポーズ” お尻と見せ肌で悩殺

25日、東京ビッグサイトにて『第29回日本ジュエリーベストドレッサー賞』表彰式が開催された。20代部門で受賞した菜々緒は、上戸彩が絶賛した「とてもセクシーでエッチでカッコいい」ドレスで観客の視線を釘づけにした。

過去1年間を通し“最も輝いていた人”“最もジュエリーが似合う人”“今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人”に贈られる本賞。胸元が大きく開き、サイドの肌を見せた大胆な赤いドレスで颯爽と登場した菜々緒は、濃い目のメイクで悪女を連想させる。今年で30歳になる彼女は「20代最後の年にこの賞を受賞できたことを凄く光栄に思っています」と喜んだ。

(展示会に出店している)お店で自身をイメージして作ったジュエリーがあったという菜々緒。「この業界で悪女役で活躍させて頂いているのでどんなジュエリーが出てくるのだろうと思ったら、本当に天使のようなキラキラとしたジュエリーが出てきて。この人には私がこういう風に映っているのだと本当に涙が出そうになりました」と声を震わせた。

また表彰式後の個人撮影においてカメラマンから“菜々緒ポーズ”をリクエストされると、長い髪をかきあげ足をクロスさせたポーズを披露。「こんなところで(菜々緒ポーズを披露)するとは」と驚きつつも、「リクエストされて嬉しい」と笑顔を見せた。

今月11日に一般男性との入籍を発表した女優・浅野ゆう子も50代部門で受賞。「若い頃から一つずつ購入してきた大切なジュエリーの中に昨年末、とても…あはははは」と照れ笑いしながら「大切な宝物がひとつ増えました」と結婚を報告すると、会場から拍手で祝福された。

60代以上部門で受賞した女優の大竹しのぶは、ジュエリーの思い出について「25歳で結婚してその時もらったルビーの婚約指輪、それからもう一回結婚してその時の指輪はもらえなかったんで。そうなんですよ、“自分で選べばええやん”と言われ、高いのを買っちゃえと思ったけどそこが割と奥ゆかしくて高いものは買えないなと。まだ(指輪のお金が)残っています」と明石家さんまとのエピソードを披露し会場を沸かせた。

第29回日本ジュエリーベストドレッサー賞受賞者

<10代部門> 岡田結実

<20代部門> 菜々緒

<30代部門> 上戸彩

<40代部門> 遼河はるひ

<50代部門> 浅野ゆう子

<60代以上部門> 大竹しのぶ

<男性部門> 福士蒼汰

<特別賞 女性部門> 浅丘ルリ子

<特別賞 男性部門> 村田諒太

(TechinsightJapan編集部 斉藤智子)

あなたにおすすめ