最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

ハズレくじ扱い?矢口真里が「モー娘。内格差」を大ボヤキ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タレントの矢口真里が、22日に配信されたインターネットTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)に出演。モーニング娘。時代に感じた“顔面格差”について、改めて話が及ぶと、モー娘。のトレーディングカードが販売された折、その扱いで大きな格差を感じたとコメントし話題を呼んでいる。

「同メンバーの安倍なつみや後藤真希のトレカは、プレミア感を出すためか生産枚数も少なく、それに反して矢口や保田圭は多めに生産されていたとか。そのため、矢口のカードが出てきた人から『本当にやぐっちゃんが多くて』と言われ、ハズレくじ扱いされたことが悲しかったそうです」(番組関係者)

グループ内格差については第1期メンバーの保田圭も、昨年3月に放送された「明石家さんまのコンプレッくすっ杯」(テレビ朝日系)に出演した際、

「同期のメンバーが海外ロケで写真集を次々と出す中、ようやく保田にもソロの写真集の話が来たと思ったら、『私だけ会社の近所の商店街で撮影。しかも一冊だけ』と寂しげに語っていた」(スポーツ紙記者)

さらに保田は、昨年の12月に都内で行われた米劇場版アニメ「怪盗グルーのミニオン大脱走」のブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席。“逃げ出したいと思った事”を聞かれ、「なっち(安倍)のところにはファンレターとプレゼントが何箱分もあったりするんですけど、私は手紙が2通だけ…」と、悲しげに語っていたこともあった。保田に比べれば、矢口の方がまだマシと言うべきか。

「アイドルグループなら人気格差は避けては通れません。その差を埋めるために2人はトークを磨き、卒業後バラエティ番組で活躍することもできました。矢口も今月20日で35歳。これからは、おばちゃんキャラとして活躍するチャンスも十分ありそうです」(放送作家)

モーニング娘。時代のコンプレックスをバネに、ぜひもう一花咲かせて欲しいものだ。

(窪田史郎)

外部リンク(アサジョ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス