サスペンス好きにはたまらない!「カクホの女」初回からハードな展開で好スタート

ザテレビジョン

2018/1/26 10:00

テレビ東京系で放送中の金曜8時のドラマ「特命刑事 カクホの女」が話題だ。1月19日に放送された初回は7.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の好スタートを切っている。

同ドラマは、刑事部に異動してきた人事畑のエリート警官・北条百合子(名取裕子)と、現場でずっと事件と戦ってきた叩き上げの刑事・三浦亜矢(麻生祐未)の凸凹コンビが、難事件を解決する。

また、警視庁から神奈川県警への通常ではありえない異動になった百合子に課せられた“特命”も明らかになっていく。

第1話では、刑事の飯田(佐藤アツヒロ)の妻・結衣(大村彩子)が寮の一室で殺れる事件が発生。百合子と亜矢は、反発し合いながらも、驚きの真実にたどり着く。初回にも関わらず「まるで最終回!?」という怒涛の展開に、SNSでも話題を呼んだ。

小松幸敏プロデューサーは、反響を喜びつつ、1月26日(金)放送の第2話の見どころを語っている。

■ 小松幸敏プロデューサーコメント

今クール(2018年1月24日現在)放送されたドラマの満足度「テレビウォッチャー」調べで、初回は全11ドラマの中4位と好発進と聞き喜んでいます。名取裕子さん演じる百合子の少し慇懃無礼なキャラクターと麻生祐未さん演じる亜矢の大人のカッコよさ、また見たら意外と本格サスペンスとの声も多く高評で一安心です。

26日放送の第2話で2人が捜査をする事件は女子高生の誘拐事件と刑事ドラマではオーソドックスな設定ですがそこは単純な誘拐ではなく秦建日子脚本です。捻りの「どんでん返し」が隠されています。

初回放送後のネットコメントにも書いてあった、「1時間ドラマなのに2時間は見た気になる」本格サスペンスに今回はさらに一味。当然、刑事ドラマなので事件はおばちゃんパワー全開で爽快に暴きますが最後は泣けるまさかの感動話に仕上がっています。

脇を固める伊東四朗さんや高橋克典さん渡辺いっけいさんなどの2時間ドラマに多数出演している名優も多く、まるで“2サスアベンジャーズ!?”それぞれの活躍も見どころの一つです。

ゲストも棚ぼたですが(笑)今話題の南沢奈央さんに出演頂き、さらに3年前に起きた百合子の婚約者事件と亜矢の関係にも進展が有ります。1時間で2時間分楽しめる本格サスペンスドラマ、最後まで是非見て頂ければと思っております。

■ 1月26日(金)放送「特命刑事 カクホの女」あらすじ

北条百合子(名取裕子)と三浦亜矢(麻生祐未)は正式にコンビを組むことになった。その矢先、女子高生の誘拐事件が発生する。誘拐されたのは、阿川優(伊藤雛乃)。誘拐犯は姉の伊代(南沢奈央)に身代金1億円を要求する。

2人暮らしの姉妹の祖父は建築会社の会長だったのだが今は不仲で姉妹で暮らしていた。そんな中“嘘を見破る勘”を持つ亜矢は、伊代が何か隠し事をしていることに気がつくが...。

百合子と亜矢は、身代金の受け渡し場所で張り込むこととなり張り込み中、百合子は、人事畑の経験から、亜矢が睡眠薬を処方してもらっていることを尋ねる。

確かに最近、亜矢は3年前の事件の悪夢でうなされていた。絶命したスーツ姿の男・刈谷晋作(鶴見辰吾)に、持っていた銃を持たせ、立ち去ろうとした矢先、晋作が甦って亜矢に問いかける。「心が痛まないのか?」。恐怖にひきつる亜矢。発も何発も撃つ...。

亜矢が夢を思い出している最中、「パンッ」という音が張り込み現場に響く。亜矢は驚いて立ち上がり、悪目立ちしてしまい、それが原因で誘拐犯に張り込み捜査がばれて、身代金の取引は中止に。責任を問われた亜矢は自宅謹慎となる。そんな中、百合子は犯人が分かったと突然自宅に訪ねてきて...。

一方、事件の合間に如月(高橋克典)が百合子を訪ね、晋作の父・孝雄(伊東四朗)が自宅に戻っていないと告げる。3年前の事件の犯人捜しをしているらしいが...。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135293/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス