最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「喜楽館」改め「不倫館」!? 桂文枝が“上方落語協会会長”を辞任へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「また今回も奥さんにこっぴどく叱られたそうですよ」(週刊誌記者)

一作年の歌手・紫艶に続き、56歳の日舞師範女性と“8年愛”を報じられた落語界の超大物・桂文枝のことだ。

さらに今回は、不倫問題だけにとどまらない、新たな疑惑も浮上している。兵庫県と神戸市から計1億円の助成金を受け、神戸・新開地に今夏開場予定の演芸場の名称をめぐる一般公募で、上方落語協会会長の文枝が、この愛人女性に名称を伝えて応募させ、最終的にその名称が採用されていたと「週刊現代」(講談社)が報じているのだ。

演芸場の名称は、公正な審査により「喜楽館」に決定していたが、そこに愛人女性が介在していたとなれば、「愛人」「不倫」といったマイナスイメージを抱く人も少なくないだろう。

この重大疑惑に、同館を運営する「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長は、「喜楽館」の名称は「変更しない」とする一方、不正が事実なら「モラルの問題になる」とコメント。名称は1,046通の応募の中から文枝と高氏が決めたそうで、「喜楽館」と記した応募者は5人いて、高氏が抽選で選んだ命名代表者が、偶然にも当該女性だったと説明した。

「大阪・天満天神繁昌亭に続く定席を神戸に作るというのは、文枝さんの長年の夢。不正が事実なら、文枝さん自ら、その夢を汚したことになる」とは前出週刊誌記者。2度の不倫報道よりも、今回の不正疑惑発覚の方がよほどこたえたようで、ここのところ、文枝は憔悴しきっているという。

「文枝さんは上方落語協会の次期会長選には出馬しない意向を固めているが、このままでは今年6月の任期満了を待たずして自ら身を引く可能性もある。そうなると、選挙は会長不在のまま行われることになる」(落語協会関係者)

晩節を汚しまくりの文枝は、マスコミの取材に逃げの一手。この際、新演芸場の名称を「不倫はイカン(館)」に変えてみたらどうか?

外部リンク(日刊サイゾー)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス