冬の美腸美肌づくりに。春菊とバナナの豆乳甘酒ジンジャースムージーレシピ♡

美LAB.

2018/1/26 07:50

冬の美腸美肌摘作りに!春菊とバナナの豆乳甘酒ジンジャースムージーレシピ
代謝が落ちる冬は、年末年始の暴飲暴食もあり、気が付くと腸内環境がつい乱れてしまいがち。旬の食材を取り入れた、手軽に作れるスムージーで、冬の美腸・美肌作りを叶えませんか?今回ご紹介するレシピには、冬が旬の「春菊」を使っています。春菊は美肌作りやエイジングケアにおススメの栄養満点野菜なんです。自然な甘みを出してくれるバナナ、美肌作りや代謝アップにおススメの甘酒も入っているスムージーは、1杯でインナービューティー力をぐんと高めてくれます。

◆【レシピ】春菊とバナナの豆乳甘酒スムージー
●材料 (1人分)
・バナナ 1/2本
・春菊・・・1本(葉のみ)
・調整豆乳・・・100ml
・プレーンヨーグルト・・・100ml
・甘酒(ノンアルコールタイプ)・・・大さじ3
・ジンジャーパウダー・・・小さじ1/6
・亜麻仁油・・・ティースプーン1杯弱

●作り方 (所要時間:約5分)
1. バナナは皮を剥きザク切りにする。
2. 春菊はよく洗い茎を除いて、葉をざく切りにする。
3. ミキサーまたはハンドブレンダーに全ての材料を入れて、約1分攪拌(かくはん)する。
春菊とバナナの豆乳甘酒ジンジャースムージー
◆インナービューティーポイント
【春菊】【亜麻仁油】
冬が旬の春菊には、お肌や粘膜を乾燥から守り強くするβ-カロテンが豊富です。β-カロテンは体内でビタミンAとして働き、細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える「抗酸化力」が非常に高いのが特徴です。

油脂類とあわさることで身体への吸収率が高まるので、レシピでは良質な脂質が豊富な「亜麻仁油」を合わせています。もちろん、アルガンオイルやグレープシードオイル、アボカドオイルなど他にお好みの良質オイルがあれば代用してもOK。ただし、必ずオメガ3など良質な脂質が豊富なオイルを選ぶこと!

【バナナ】【ヨーグルト】
言わずと知れた栄養満点食材。特に豊富な食物繊維が腸を刺激し便秘の解消をサポートしてくれます。腸内のビフィズス菌を増やす働きがあるオリゴ糖も豊富で、まさに美腸作りに欠かせないフルーツです。ビタミンC、カリウム、マグネシウムなども豊富で、朝のエネルギー補給にもピッタリ。

自然の甘みでスムージーを飲みやすく、まとまりのある味に仕上げてくれます。乳酸菌豊富なヨーグルトとあわせることで腸内環境をより整えてくれます。
バナナ
【豆乳】
女性ホルモンに働きかける大豆イソフラボンが豊富な豆乳は、牛乳に比べて低脂質・低カロリー・高たんぱく。脂質や糖質の代謝をサポートするビタミンB群も豊富なので、忙しい朝の栄養源となるスムージーには是非取り入れたい食材です。クセがなく飲みやすい調整豆乳がおススメ。

【甘酒】
おすすめは米と米麹だけで作られた、発酵タイプのノンアルコール甘酒。自然な甘さでスムージーの隠し味に欠かせません。脂質や糖質の代謝をサポートするビタミンB群や、食物繊維、妊娠初期に欠かせない葉酸、美白作用が期待されるシステインなどが豊富に含まれています。美腸・美肌作りや妊活におススメの食材です。

【ジンジャーパウダー】
寒い冬に冷たいスムージーを飲むと「冷え」が気になる…という人におススメなのが「ジンジャーパウダー」。しょうがを加熱・乾燥させて粉末状にしたスパイスで、生のしょうが独特の辛味はなくほんのりとした甘みとオリエンタルな香りが特徴。

加熱したしょうがに含まれる「ショウガオール」という成分が体を芯から温めてくれます。スムージーに少し加えることで香り豊かになり、体の中からポカポカに。冷え性の人に特におすすめのスパイスです。
春菊とバナナの豆乳甘酒ジンジャースムージー
いかがでしたか?1杯に7種類の食材を詰め込んだスムージーは、朝の栄養補給にピッタリ。

春菊は苦いイメージがあるかもしれませんが、旬の春菊の葉はとてもやわらかで苦みが少なく、意外と食べやすいもの。バナナや甘酒と合わせればとてもおいしいスムージーになります。

冬のインナービューティー力アップのために、是非お試しくださいね。
Photo by fotolia

あなたにおすすめ