東京ディズニーリゾートのミニスナックケースが子連れママに超オススメな3つの理由

ウレぴあ総研

2018/1/26 06:30

東京ディズニーリゾートのお土産の中には、ただ可愛いだけでなく、子育て中のママにとって、実は便利に使えるグッズがあります。

今回紹介するのは、様々なキャラクターデザインで発売されている、ミニスナックケース。

園内での子供のぐずり対策に使え、持ち帰ってからはおやつケースとして活用でき、小さくて保管場所に困らないという、超オススメなグッズなのです。

■ミニスナックケースが子育てママに超オススメな3つの理由

■1.園内でのぐずり対策! 並んでいる間に、中のお菓子を食べて待てる

小さな子供にとって、アトラクションの待ち時間や、ショー開始までの時間は、退屈なもの。

待ちきれずに、ぐずってしまうことがあるかもしれません。

そんな時に、子供が大好きなキャラクターのミニスナックケースがあれば、機嫌を治してくれるかも!

ミニスナックケースは、2018年1月現在、東京ディズニーランドで10種類、東京ディズニーシーで7種類のデザインを販売しており、お気に入りがきっとみつかるはずです。

中のお菓子は販売場所によって異なるので、好きなものを選んであげてくださいね。

お菓子を食べて待てるだけでなく、ごっこ遊びのおもちゃとしても使えます。

■2.お家に帰ってからはおやつケースとして活用できる!

ベビー用品店や100円ショップなどで販売している、おやつケースを使っているママも多いのではないでしょうか。

実はミニスナックケースは、子供のボーロ入れに最適なんです!

ほとんどのミニスナックケースが、小袋のボーロが1袋入る大きさなので、食べさせすぎの心配もありません。

現在東京ディズニーシーで開催しているスペシャルイベント「ピクサー・プレイタイム」(2018年3月19日まで)の期間限定で販売している、「トイ・ストーリー・マニア!」型のミニスナックケース(780円)には、スティック型のクッキーも袋のまま2本入りました。

全てのミニスナックケースにチェーンやリボンが付いているので、マザーズバッグや子供の鞄にバッグチャーム替わりにつけて持ち運べます。

■3.小さいのでかさばらず、保管に困らない

東京ディズニーリゾートの食べ歩きスナックの定番といえば、ポップコーン。

キャラクター型のポップコーンバケットも、子供のぐずり対策にはぴったりのアイテムです。

ただ、ポップコーンバケットはどうしても嵩張る大きさで、数が増えてくると保管場所に困ってしまいます。

その点、ミニスナックケースは軽く小さいので、保管に場所をとりません。

机に飾ったり、子供部屋のドアにかけたりと、ちょっとしたスペースに置いておいても可愛いですよ。

小さな子供をもつママにオススメなミニスナックケース。

可愛いだけでなく、とっても便利なので、お気に入りのデザインを見つけたら、ぜひ手に取ってみてください。

■ミニスナックケース

販売価格:780円~980円

(販売店舗や価格は、デザインによって異なります)

東京ディズニーランドのミニスナックケース

東京ディズニーシーのミニスナックケース

※商品およびメニューは品切れや金額、内容等が変更になる場合があります

撮影:つるたま

あなたにおすすめ