最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

スチーム、気化式、超音波… 加湿器の違いを知って使い分ける!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
毎週月~金曜日 朝7:37から『高嶋ひでたけのあさラジ!』内にて放送している『鈴木杏樹のいってらっしゃい』。
鈴木杏樹さんが毎週異なるテーマの楽しい話題で『いってらっしゃい』とあなたを見送ります。

加湿器には『スチーム式』、『気化式』、『超音波式』、『ハイブリッド式』があります。『スチーム式』は、水をヒーターで加熱して蒸気(スチーム)を出すことで、部屋を加湿します。加湿器と聴いて一番イメージしやすいのが、この『スチーム式』です。素早い加湿が可能で、蒸気で部屋の温度も上がるので“暖房”と“加湿”の2つの効果があります。但し、常に熱を発生させるため、他の加湿器と比べると、消費する電力が高くなります。

『気化式』は、水を吸い上げてフィルターを湿らせて、そこにファンで風を当てて、気化させる仕組みです。“水に濡らしたタオルを部屋に干す”イメージです。熱を発生させないことから『ヒーターレス式』とも言われます。ヒーターを使わない分、消費する電力を抑えることが出来ます。加湿するのに時間がかかるのと、他のタイプの加湿器と比べると、加湿能力はやや弱めです。また冷たい蒸気が出ますので、部屋の温度が若干ですが下がります。

『超音波式』は、超音波で振動させることによって水を微粒子に変えて、それをファンで噴き出して加湿します。イメージとしては『霧吹き』です。インテリア性に優れたデザインが多いのも、『超音波式』の特徴です。

『ハイブリット式』は、簡単に言いますと『スチーム式』、『気化式』、『超音波式』の長所を取り入れた加湿器です。『気化式』は湿らせたフィルターにファンで風を当てますが、ヒーターを使うことで、その風は温風になっています。その分、加湿する速さが『気化式』よりも速くなります。但し、他の加湿器よりも高価になります。

(2018/1/17放送分より)

[提供/ニッポン放送 鈴木杏樹のいってらっしゃい・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス