最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

上戸彩、菜々緒の色気を絶賛 表彰式で美女共演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 各年代で最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『第29回 日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の表彰式が25日、都内で行われ、10代部門は岡田結実(17)、20代部門は菜々緒(29)、30代部門は上戸彩(32)が受賞した。

多くの記念品やジュエリーを受け取り「本当に夢のよう。うれしすぎて泣きそうです」と恐縮しきりだった岡田。今後の更なる活躍が期待されると「まだジュエリーの素晴らしさを伝えられる私ではないけど、いろんなことに挑戦して笑顔を届けていきたい」と力強く誓った。

赤のドレス姿で美脚を披露した菜々緒は「20代最後の年に受賞できてとても光栄に思います」と満面の笑み。普段から「誕生石や、ジュエリーだけではなく天然石を集めることが好き」といい「私自身もっと輝けるように頑張りたいなと思いました」と声を弾ませた。

続いてスピーチした上戸は「『20代』代表の菜々緒さんがすごいセクシーでエッチ…。こんなに落ち着きのない30代が来て、申し訳ない」とジョークを交えて笑わせつつ「いま付けているジュエリーを将来、娘に渡せたら」と、ママの顔もチラリとのぞかせていた。

同賞は、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」「今後もさらにジュエリーを身に着けてほしい人」を世代別、女性・男性部門と分けて表彰。10代部門は岡田、20代部門は菜々緒、30代部門は上戸、40代部門は遼河はるひ(41)、50代部門は浅野ゆう子(57)、60代以上の部門は大竹しのぶ(60)、男性部門には福士蒼汰(24)、特別賞に浅丘ルリ子(77)、村田諒太(32)が選出された。

囲み取材に応じ、受賞の喜びを語った大竹。先日、娘のIMALU(28)が6歳年上のアーティストの男性と昨秋から交際中と告白。大竹への紹介はまだだといい「なかなか会えない。タイミングが合わなくて…」と明かしていた。

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス