木下優樹菜、「毎日ケンカ」の夫婦生活は危険? それでもフジモンと円満でいられるワケ


羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「意外と全然謝らない」木下優樹菜
『おしゃれイズム』(日本テレビ系、1月14日)

昨年11月にオリコンが発表した「第2回好きなママタレント」で、木下優樹菜が2位にランクインした。

優樹菜の夫は、お笑いコンビ・FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史。元ヤンキーの優樹菜が、「心は乙女」というフジモンに対し、ケンカ腰の強い態度で臨んで泣かせていることは、本人がよくテレビで披露しているエピソードである。その一方で優樹菜は、ブログやインスタグラムに、フジモンが記念日にサプライズ演出を欠かさず、休日には家族で必ず外出し、夫婦2人の時間も大事にしてくれていることをアップするなど、仲の良さも感じさせる。オリコンの記事によれば、優樹菜の支持層は10代で、この世代からの得票数は1位だったそうだ。

10代はSNSの情報を重んじる傾向がある。優樹菜が支持されるのは、「ケンカするほど仲が良い」というラブコメ的な信仰によるものではないだろうか。大好きだからケンカしてわかり合う、わかり合ってひしっと抱き合う――そういうスタイルは、昭和の頃から続いている少女漫画の王道である。ちなみに、優樹菜は『1周回って知らない話』(日本テレビ系)で、夫婦円満の秘訣を「毎日ケンカしているから、不満が残らない」と話していた。

ティーンを含めた独身女性の夢を壊すつもりはないが、現実問題でいうと、この「ケンカしてわかり合う」という発想は危険である。言いたいことを言えなくて我慢してしまう女性の場合、ケンカの最中にわーっと物を言うのは、快感を伴う行為かもしれない。しかし、言われた側の立場で考えてみよう。子どもの頃、母親にヒステリックに叱られ、怖くて何も言えなくなった経験を持つ人は多いだろうが、大人になってもヒステリックに怒鳴られるのは、不愉快ではないだろうか。言いたいことがあっても、それを口にすると、また相手のヒステリーが激化するかもしれないと、表面上で「わかった」ポースを取る可能性だってある。女性側は「ケンカが終わってわかり合えた、すっきりした」と思っているかもしれないが、男性側は「なぜ怒っているかはわからないが、とりあえず、ヒステリーが収まってよかった」と思っていて、何も解決していないことは、現実問題あるのだ。

■ケンカエピソードにみられる気遣い

「毎日ケンカ」を口にする優樹菜だが、少なくともテレビで公開するケンカエピソードには、“気遣い”が感じられる。1月14日に『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、「離婚を考えたことは?」と聞かれた優樹菜は、“アイスクリーム事件”を披露した。妊娠中、アイスクリームが食べたくなった優樹菜は、店に出向いて、チョコミント味のアイスを食べていたところ、フジモンから「そんな歯磨き粉みたいな味のアイス、よう食わんわ」と言われ、ケンカが勃発。そんなことで離婚なんてとスタジオから笑いが起きていたのだ。実は優樹菜は、このアリスクリーム事件をほかのバラエティ番組でも使い回している。毎日ケンカをしている割に、披露するエピソードが一緒というのは、テレビに出していいエピソードかどうかを吟味しているからではないだろうか。もし、ケンカのネタが「(フジモンに)レギュラーを増やせ、もっと稼げ」と詰め寄ったとか、また子どもの受験などであったら、テレビに出せないし、見ている方も笑えないのである。同番組で、「ユッキーナが怒ってて、フジモンが謝ってそう」というイメージを持たれているという優樹菜は、フジモンについて「意外と全然謝らない」と話していた。そのイメージはテレビの中だけの話なのではないだろうか。

『1周回って知らない話』で、夫に対して、遠慮することなく不満を口にする優樹菜を、街行く人は「うらやましい」と感想を述べていた。しかし、だからといって、一般人が優樹菜の真似をするのは危険である。

というのも、フジモンにとって、優樹菜のような若くて美しい、しかも経済力のある女性と結婚できたのは、奇跡と思えるからだ。フジモンはかつて、後輩である平成ノブシコブシ・吉村崇に「藤本さんは貧乏だから、モチも買えないだろう」とイジられた際、「俺の嫁、誰だと思ってんねん。木下優樹菜やぞ!」とキレたことを、有吉弘行がラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で明かしていた。フジモンがいかに優樹菜を誇りに思っているかがわかるエピソードだ。そりゃ、多少怒鳴られても、我慢するだろう。

ところで、優樹菜というと、フジモンのブスいじりをすることがある。フジモンが芸人であるから、やりやすいのだろうが、ほどほどにしておいた方がいいのではないだろうか。

優樹菜はかつて、ジャニーズ事務所のタレントと交際を報じられたが、仮にジャニーズのタレントと結婚したとしよう。優樹菜は、インスタグラムのフォロワーが400万人以上いて、その影響力が買われて、彼女の仕事に結びついているのだろうが、ジャニーズの妻になった場合、家庭生活をSNSにアップすることはできない。また優樹菜はアパレルブランド「Avan Lily」をプロデュースしているものの、場合によっては、この活動もジャニーズの妻として不適切だと禁じられる可能性もないとはいえない。

つまり優樹菜の今があるのは、夫が非イケメンだから。フジモンが妻を誇りにするのと同じく、非イケメン夫こそ、優樹菜の最大の財産なのである。

仁科友里(にしな・ゆり)
1974年生まれ、フリーライター。2006年、自身のOL体験を元にしたエッセイ『もさ子の女たるもの』(宙出版)でデビュー。現在は、芸能人にまつわるコラムを週刊誌などで執筆中。気になるタレントは小島慶子。著書に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)『確実にモテる 世界一シンプルなホメる技術』(アスペクト)。
ブログ「もさ子の女たるもの」

あなたにおすすめ