最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

マツコ、同級生・キムタクのブレザー姿に憧れていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1月18日放送の『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)に、元SMAP木村拓哉(45)が出演。高校の同級生だったタレントのマツコ・デラックス(45)と学生時代に着ていた制服の話で盛り上がった。

今回の放送では前回に引き続き、マツコと木村の二人がともに大吉を引くまでおみくじを引き続けるという企画で、湯島天満宮や東京大神宮を参拝。学問の神様として知られる湯島天満宮では、東京大学の合格を目指す受験生たちと会話を交わした。

そんなこともあってか、若かりし頃が懐かしくなった様子のマツコは移動中の車内で「中学校のときって、(制服は)学ランだった?」と木村に質問。それに対し、木村が「ブレザー」と答えたところ、少し残念そうな表情を浮かべたマツコは「不良の名残がまだちょっとあったじゃん、うちらの中学ぐらいって。ちょっと(内側に)ししゅうが入っている、短ランまでいかないけど、中ラン(標準より丈が長い学生服)。みんな着てたよなぁ。オカマなのに私でも着てたもん」と、自身の中学時代を懐かしそうに振り返った。

制服の話で盛り上がる中、マツコは高校時代の約1年間、千葉県内の同じ学校に通っていた当時の木村について、「この人、かわいかったのよ。ブレザー」とうっとり顔に。「(木村は)襟に芯が入っていないYシャツみたいなの着てさぁ」と回想するマツコに、木村が「開襟(シャツ)ね。で、ネクタイの芯も抜いてね。何がしたかったんだろう」と当時を振り返り、思わず苦笑いを浮かべると、マツコも「何だろうね。あの改造ね、みんな」と懐かしんでいた。

「木村とマツコの中高時代は映画『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズの影響もあり、中高生たちの間で“制服改造”が流行っていました。それだけに、二人が制服やネクタイなどをイジっていたのも不思議ではないんですが、木村はブレザーだったこともあって、ずいぶんオシャレな感じだったようですね」(芸能誌記者)――キムタクの制服姿を見てみたい!


外部リンク(日刊大衆)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス