最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「蒼天の拳 REGENESIS」追加キャスト発表 ED主題歌はエリカ役・上坂すみれが担当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エリカ(CV.上坂すみれ)
エリカ(CV.上坂すみれ)
(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, (C)蒼天の拳 2018
 TOKYO MXほかで4月からスタートするテレビアニメ「蒼天の拳 REGENESIS」のメインキャストが追加発表された。ナチスドイツからユダヤ人が隠した莫大な富のありかを記した「希望の目録」のカギを握る少女エリカ・アレントを上坂すみれ、“極十字聖拳”を操り「死鳥鬼」として恐れられた流飛燕を子安武人、北斗に対して深い憎しみを抱く“西斗月拳”の伝承者ヤサカを佐藤せつじ、主人公である霞拳志郎の妻で、その出自から過酷な運命に巻き込まれていく潘玉玲を冬馬由美が演じる。

原作漫画「蒼天の拳」は、原哲夫氏が武論尊氏とともに手がけた大ヒットアクション漫画「北斗の拳」の前日譚で、2001~10年に「週刊コミックバンチ」(新潮社刊)で連載。第2次世界大戦の勃発を目前とする1935年ごろを舞台に、一子相伝の暗殺拳“北斗神拳”1800年の歴史上、最も奔放苛烈で最強と呼ばれた第62代伝承者・拳志郎と強敵たちとの激闘を描いた。「月刊コミックゼノン」(徳間書店刊)では、拳志郎が最後の戦いを繰り広げる第2部「蒼天の拳 リジェネシス」が連載中。

同作の主題歌も決定した。オープニング主題歌は、AK-69が歌う「蒼天の果てに」。エンディング主題歌「祈りの星空」はエリカ役で同作に出演する上坂が歌う。公式サイトでは、各キャスト、アーティストからのコメントも公開されている。

2月25日には東京・秋葉原のUDX THEATERで、先行上映会が開催されることも決まった。拳志郎役の山寺宏一とヤサカ役の佐藤せつじほかが登壇し、本編第1~3話を世界最速公開する。発売中の「月刊コミックゼノン」3月号では、参加者を先行募集中。

外部リンク(アニメハック)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス