岩田剛典、難役に手応え「監督が夢に出てくるくらい没頭できた」

Movie Walker

2018/1/25 20:04

『教団X』の芥川賞作家・中村文則による小説を映像化した『去年の冬、きみと別れ』(3月10日公開)の完成披露試写会舞台挨拶が、1月25日に新宿ピカデリーで開催。岩田剛典、山本美月、瀧本智行監督、原作者の中村文則が登壇した。難役だったと振り返った主演の岩田は「監督が夢に出てくるくらい、役柄に没頭できた作品は今回が初めてでした」と手応えを口にした。

岩田は原作を読んだ感想について「騙されました」と笑顔を見せた。「小説ならではの描写、トリック、伏線が、映画化された時、どういう映像作品としてまとまるのか、自分もとても興味が湧きました。ラストの終わり方に衝撃を受けました」。

原作者の中村は、映画の仕上がりに太鼓判を押す。「脚本を見て、この手があったか!とすごく驚いて、僕も映画を観てみたいと思い、承諾しました。実際、映画は原作の核を見事にとらえていただき、映画ならではの変更がまたおもしろくて、気持ち良く騙されてしまいました」。

岩田はそれを受け「映画で騙し返せて良かったです」とうれしそうにコメント。山本も原作について「ある程度、説明を受けて読んだんですが、完全に騙されました!」と感心しきりだった。

『去年の冬、きみと別れ』は、岩田剛典と斎藤工共演の純愛サスペンス。新進気鋭の記者・耶雲恭介(岩田剛典)が、猟奇殺人事件の容疑者で天才カメラマンの木原坂雄大(斎藤工)と対峙していく。山本美月は、耶雲の婚約者・百合子役を演じた。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

https://news.walkerplus.com/article/135236/

あなたにおすすめ