菜々緒「ジャニーズ凋落」を追い風に連続ドラマ主演抜擢!

まいじつ

2018/1/25 21:00


(C)まいじつ

女優の菜々緒が4月スタートの連続ドラマ『Missデビル 人事の悪魔・椿眞子』(日本テレビ系)で、ゴールデンタイムのドラマに初主演する。非情な人事コンサルタント役で、企業を舞台にセクハラやパワハラなどの問題を大胆に解決するストーリー。決め台詞は「あなたには、この会社を辞める権利があります」だという。

菜々緒本人も「わたしが一番輝けるのはこういうタイプの女性」と自負している。公開された写真の菜々緒は、黒を基調とした衣装と、トレードマークになる赤いハイヒール姿だった。これも自ら立案したといい、「過去に演じて培ったエッセンスを全部詰め込みたい」と意気込んでいる。

そんななか、囁かれるのはジャニーズ事務所の凋落だ。このドラマが放送される予定の土曜日午後10時の枠は、4クール連続でジャニーズ事務所のタレントが主演で起用されてきた。しかし昨年、亀梨和也と山下智久の『ボク、運命の人です。』が全話平均視聴率9.6%だったのをはじめとして、錦戸亮の『ウチの夫は仕事ができない』は同8.7%、櫻井翔の『先に生まれただけの僕』が同8.8%と散々な成績が続いた。現在放送中の山田涼介主演の『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』も、初回放送の平均視聴率13.3%から1月20日放送の第2話では同11.1%と2.2ポイントも数字を落とし、早くも先行きが不安視されている。

ジャニーズファンをあてにしていたが…


「日テレサイドは当初『土曜ドラマはジャニーズファンの視聴が見込める』と踏んでいたのですが、思惑が外れてしまったようです。一方、菜々緒はいま、最も数字が取れる女優のひとりとして注目が集まっています。広告的にもクライアントが『成功したらCMに起用したい』として、このドラマには注目しているそうです。木村拓哉が主演しているテレビ朝日のドラマ『BG~身辺警護人~』にも菜々緒は出演していますが、そこでも美貌を生かして木村に花を添える演技をしていますし、今度は座長として全責任を担うことになります。この枠で平均視聴率12%前後を取れば、CMのギャラも跳ね上がり、ますますオファーが集まることでしょう」(芸能関係者)

菜々緒は今年30歳で、女優としてはベテランの域に入ってくる。

「もう少しで映画賞にも手が届くようなポジションにいます。モデルの仕事を減らし、海外進出も視野に入れているようで、アメリカのエージェント経由でいくつかオーディション情報が菜々緒のもとに来ているという情報もあります」(同・関係者)

菜々緒はスタイルも美貌も世界標準かもしれない。ドラマが楽しみだ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス