最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「親孝行と留学」は嘘! 処女に1.36億円の値が付いたイタリアの18歳美人モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
若くて美しい女性が「私を買って」と処女を高値で売り出すことが稀にある。最近もイタリアでモデルをしている18歳女性が、インターネットオークションに自身の処女を出品して話題になっていた。「たくさんのお金を得たらイギリスに留学し、両親に家を購入するなど家族孝行がしたい」と健気なことを語っていたが、実はすべて真っ赤な嘘。ただの売名行為であったようだ。

“ニコル(Nicole)”という芸名でモデルのアルバイトをしている18歳のイタリア人女性が、高級エスコートサービス「Elite Models VIP」が提供するインターネットオークションに自身の処女を売り出し、100万ユーロ(約1億3,600万円)という高値が示されていることを1週間ほど前にお伝えした。清潔感のある理知的な顔立ちとスレンダーなボディの持ち主である彼女には、さっそく大勢の殿方が興味を示していたのだ。

ビデオメッセージで“ニコルさん”は自身について「16歳の時にかなり年上の男性に恋をし、真に愛し合って求婚されたけれど結婚を考えるには若すぎた。私には結婚相手に処女を捧げるという信念がある」、「いっぱい稼いで両親や姉妹を楽にさせ、家も買ってあげたい」、「英ケンブリッジ大学で経営学を学びたい」などと実に健気なことを話し、「親に勘当されてしまうから家族には内緒なの」とも言っていた。ところが…。

そんな“ニコル”さんについて、英メディアの『The Sun』が新たに「この女性の言うことは嘘まみれ。処女を売るつもりなんてさらさらなかった」とすっぱ抜いた。ビデオメッセージで話していたような姉妹もいなければ、英ケンブリッジ大学に留学したい、あるいは両親のために家を建ててあげたいなどというのも真っ赤な嘘。もしも自分が処女を売りに出したらどんな反応があるものか、ちょっと試してみただけだそうだ。

だが、ふたを開けてみれば彼女の言葉を真に受けた処女信仰者たちから驚くような買値が提示され、困惑してしまったという“ニコル”さん。この話題は真っ先に両親の耳に入り、通っていた学校は軽率すぎた彼女におかんむり。電話での照会も多々で、こんな厄介なことになるとは思わなかったと本人は悲鳴をあげているそうだ。当然ながら今の彼女には「とんだ売名行為」、「女としてサイテー」、「処女というのも怪しい」といった声があがっている。

「私の処女を買って」なるオークションでは、日本円にして数億円という大金を得た女性も実際に存在する。自分もこれに続こうとする若い女の子は多いようだが、なんと恐ろしい賭けであろう。会ったこともない、好みのタイプでもない相手は“高い金を払ってこの体を買った”と割り切っている。何をされるかわかったものではないという不安を忘れて欲しくないものだ。

画像は『The Sun 2018年1月22日「‘I DID A STUPID THING’ Student, 18, who ‘received six-figure offer’ after putting her virginity up for sale online claims she never planned to go through with it」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス