アノ芸能人は小室派or文春派? ゲス・川谷「病的なのは世間」、マツコや坂上忍は?


編集G この1週間、情報番組は小室哲哉の話題で持ち切りで、やんなっちゃう。1月18日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で不倫疑惑が報じられ、翌19日に会見で音楽活動の引退を発表。世間では小室に同情的な声が多く、「文春」には批判的なようね。

しいちゃん 「文春」の公式Twitter「文春砲(文春くん公式)」には1月24日までに4,300以上の批判リプライが殺到してるよ。タレントの間でも賛否両論。ここぞとばかりに意見してる。22日、『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演した遠野なぎこは、「今回、本当にクスリともできない記事にしてしまったことは、文春さんが一線を絶対越えてしまってるし、男性として絶対に世間に言いたくないことを、夫として妻の病状とか言いたくないことを、全てあんなに正直に話して、公開いじめのような感じがしました」「心の支えを求めたっていいじゃないって思うし、1人の人生終わらせましたよね。本当に罪深いと思います」と批判。

編集G “公開いじめ”に加担しているのは、紛れもないこうした情報番組と、そこに出演して好き放題言ってるコメンテーターでしょ?

しいちゃん 同日放送の『5時に夢中!』(同)では、マツコ・デラックスが「雑誌を売る時に不倫を目玉としていることがもはや限界なんじゃないですか? ということを如実に出した事例」「スクープで食いつないでる週刊誌は全てそうだと思うけど、スクープする内容をもうちょっと頭のいい、もうちょっと人のためになる、スクープだったり記事に真剣にシフトしていかないと、たぶん一気に終わるよ」と、不倫報道全般について批判してた。これに対し、ネットでは「その通り」「マツコの意見はいつも的を射てる」「素晴らしいコメント」と賛同する声が多い。

編集G 頭のいいスクープ、人のためになるスクープってなんだろうね。なんか全然ワクワクしないんだけど。

しいちゃん 同じく20日放送の『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)では、27日に文春編集長と対談予定のカンニング竹山が、「いろんなコラムもあって読み物としてはおもしろい。でも、不倫のことは誰の得にもならないからもうやめた方がいいんじゃないって思うよね。自分のとこの利益しかないじゃない」と指摘し、さらに「俺、一番今週『わっ!』って思ったのは、愛内里菜さんが不倫って報道してたでしょ? そんなにみんな愛内里菜さんに興味ある?」と、1月16日発売の「女性自身」(光文社)がスクープした垣内りかこと元・愛内里菜の不倫報道についても触れていたよ。アシスタントMCは「私、存じ上げてなくて、誰がタイで不倫したんだろって見ていました」なんて言ってた。

編集G ちょっと! 「存じ上げなくて」って不倫報道そのものよりもダメージでかいよ。

しいちゃん 一方で、「文春」および週刊誌を擁護するタレントも少なからずいる。23日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、中尾彬が「『文春』、昔から毎週読んでます。私も梨元(故梨元勝)みたいなのによく『ヤングレディ』『微笑』にガンガン書かれた。批判もなければ、雑誌に文句を言う人はいなかった。その人たちはそれで食べてたっていう意識が強かったから。今、書かれてみたいね。何もないけどさ」とコメント。MCの坂上忍が「今の若い方々って、『文春』さんとか雑誌に対して文句言う方もいるじゃないですか」と言うと、中尾は「じゃあ、買わなきゃいいんだよ」。また、ヒロミは「『文春』が悪いとは、俺は思わないんだけど。昔だったら、週刊誌だから1週間ガマンすれば、どうにかなった。今は『文春』が出したことによって、テレビとかいろんな報道があるからつながっちゃう」「『文春』がやったから、何かしたというよりも、世の中がそれに対してスポンサーに言うとか、テレビに出づらくなくなるとか、世の中の人たちでしょ。そうやって葬り去ってるのは」と、むしろ世間を批判。

編集G 「文春」がいくらスクープを出したところで、テレビやネットがスルーすれば、騒ぎにならずにすぐ鎮静化するよね。

しいちゃん 2016年にベッキーとの不倫を報じられ、“ゲス不倫”という言葉の由来となった、ゲスの極み乙女。川谷絵音は、19日、公式Twitterで「病的なのは週刊誌でもメディアでもない。紛れも無い世間」とツイート。

編集G さすが、火付け役。達観してる。一方、ベッキーは19日のインスタグラムで「しんどかったかもなーっていう出来事をどう捉えるか。そして、目の前にポジティブなことを言ってる人がいるけど、自分はそう思えなかった時、どうすればいいか」と書いてるよ。知らぬうちに、“ポジティブしんどい”キャラにシフトしてたのね。面白い。

しいちゃん 小室の会見内容そのものに対しての賛否もある。会見で、妻のKEIKOの病状について細かく話したことについて、22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、坂上が「ご病気されていても、アーティストのKEIKOさんは現存されていると思うんですよ。いくら旦那さまだからといって、あそこまで今のKEIKOさんの病状を赤裸々に語れるのかなって、僕はふと疑問に思っちゃったんですね」と批判。同番組に出演していたフィフィは「私は名古屋に行ったり来たりしながら、父を介護していましたけど、家族とかパートナーの人格が変わってしまうくらいの状況になる壮絶な介護になると、常識とか正義とかで裁かれるようなことじゃなくて。本当に理解してもらいたい。こういう状況になったときって、もはや不倫って言えるのだろうかって」と小室に同情し、「小室さんは相当疲れていらして、こういう状況のなかで全てをさらけだしたいくらい疲れていた場合、倫理観だったり常識だったり正義感だったりするもので、彼をもっと追い込んでしまう」と坂上の意見と対立。

編集G 当事者として介護を経験してる者と、問題意識や理解する気持ちがない人では、このスクープの見え方が異なる。介護は女や嫁の務めと思ってるオジサンたちには、見えない世界かもしれないね。

しいちゃん ネット上でもフィフィに賛同……というより坂上への批判の声が多い。「フィフィが意見しているとき、何度も遮り、自分の意見を大声で発していたのが、見ていて不愉快」「意見が対立すると大きな声出してまあ子どもみたい」。放送終了後、フィフィは公式Twitterで「私はこのケースに関して、常識や正義を振りかざして意見する立場にもないし、何もかもに疲れて、全てを曝け出してしまった人を非難してさらに追い込もうなんて思わない。病のために違ってしまったパートナーの介護は想像を絶する、心の拠り所を他に求めたとして、それを不倫として問うていいのかなと」(22日)とツイートしてた。

編集G 小室の件は、いろんな議論に発展してるね。でも、どうせまた新たに芸能スキャンダルが報じられれば、あっという間に忘れさられちゃうのが虚しいわ。人間って悲しいほど、下品で欲深くて残酷な生き物よね。

あなたにおすすめ