片岡愛之助に聞く! 三谷幸喜の人気作品『酒と涙とジキルとハイド』の魅力とは!?

SPICE

2018/1/25 18:00



2014年に初演された三谷幸喜 作・演出の舞台『酒と涙とジキルとハイド』が、2018年4月27日(金)から東京芸術劇場プレイハウスにて再演される。

ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説「ジキル博士とハイド氏」を題材にした本作は、19世紀末のロンドンを舞台に人間を善と悪の二つの人格に分ける新薬を開発したジキル博士が、学会発表を前に新薬の失敗に気が付き役者のビクターに別人格のハイドを演じさせるという、三谷が得意とする一幕もののスピーディーなコメディだ。
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)

出演は初演時のキャストが再集結。ジギル博士役を片岡愛之助、ジキル博士の婚約者・イヴ役を優香、ビクター役を藤井隆、博士の助手プール役を迫田孝也が演じる。

また、今回の再演では『台湾国際芸術節』のオファーを受けて、東京公演に先駆けて3月30日(金)から台湾・台北の國家兩廳院 國家戲劇院で上演されることでも話題を呼んでいる。そこで、本作でコメディ初挑戦となった片岡愛之助から初演時の思い出を交えつつ、作品の魅力を聞いた。
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)

初演同様、激しい戦いになると思います(笑)


――再演決定おめでとうございます。初演で大きな評判となった本作ですが、再演が決まったときの心境を教えてください。

本当に楽しい作品だったので、同じメンバーで再演ができると知って、とても嬉しかったです。初演から4年も経っていますので、自分がその4年間で積み重ねたものをどのように舞台で表現できるか、とても楽しみにしています。また、今回予定されている台湾での公演は僕にとって初の海外公演となるので、それも楽しみです。

――本作が舞台の三谷作品への初出演だったそうですね。

そうです。三谷さんの作品はまず稽古場が楽しいんですよ。稽古場では三谷さんからいろいろな無茶振りがあって「歌舞伎っぽくやってください」みたいなことも言われたり(笑)。良い意味で遊びながら作っているような印象がありました。

――初演ではドラマ『半沢直樹』のオマージュのような場面もありましたよね。

ああ、ありましたね!(笑)。それも稽古場で遊んでいるうちに生まれた場面です。

――初めて台本を読んだ時の印象を教えてください。

まず想像していた物語とは全く違うのでビックリしました(笑)。いわゆるジキルとハイドの物語は多重人格の話でもあるので一人二役で演じるものですが、三谷版は僕とビクター役の藤井さんによる二人で一役。そして、イヴ役の優香さんはなんと一人二役。そういう人間関係の構図が三谷版『ジキルとハイド』のおもしろいポイントだと思います。


――上演では愛之助さん含め、キャストが大汗をかくほどの運動量だったことを覚えています。

そうなんですよ。初演をご覧いただいたお客様は分かると思いますが、まず衣裳がね、とても暑いんです(笑)。そして、舞台美術に階段があるのですが、その階段が曲者でしてね。階段を上ったり、降りたりする場面が多いので、意外なところで体力勝負でした。今回も初演同様、激しい戦いになると思います(笑)。

――初演当時、愛之助さんはコメディ作品に参加するのは初めてだったんですよね。

はい。なので稽古に入る前は多少不安もありました。ただ、出来上がった台本を読みますと、コメディといっても、舞台でお客様を笑わせようとふざけるのではないということが分かりました。それは、三谷作品特有のものかもしれませんが、人物はただ真剣に生きているだけ。ただ人物によって真剣の方向がバラバラなので、結果やり取りが笑えるものになってしまう。お役に対して一生懸命になればなるほどおもしろくなる三谷さんの作品はコメディ初心者の僕でも、とても演じやすかったです。
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)

出演者の際立つキャラクターから目が離せない!


――共演の皆さんの印象を聞かせてください。初演では藤井さんとのくだらないやりとりの応酬が印象的でした。

藤井さんのハイドは……いやいや、思い出しただけで笑ってしまうんですよ(笑)。藤井さんのハイドはいつもちょっとキレ気味で、とにかく熱いところがもうフラットにおもしろい。いや、フラットにおもしろいと言うと語弊があるかも知れませんが……藤井さんは舞台に立っているだけでおもしろい人なんです。常にエンジンが温まっていて、いつでもレッドゾーンに入れる。あれはキャラなのか素なのかわからないんですけど、本当に天才的におもしろい人ですね。あと、運動神経がいい!(笑)。いつもキレッキレでね。

――愛之助さんの動きもキレッキレでしたよ(笑)。

そうですか? 自分のこととなると分からなくなるのですが、そう見えていたのであれば良かったです(笑)。


――優香さんは本作が初舞台だったんですよね?

そうだったみたいですね。ただ、志村けんさんと長年コントをなさっているからか、初舞台とは思えない安定感でした(笑)。余談ですが、初舞台の優香さんに対して三谷さんも相当気合いが入っていたようで、顔合わせの時から台本が出来上がっていました。三谷さんの現場では顔合わせから台本が仕上がっているというのはとても珍しいことみたいですね(笑)。

――グイグイ来る性格のイヴ役の優香さんと慌てふためく愛之助さんのコンビも最高でした。愛之助さん演じるジキルはどんな役なのでしょうか?

ジキル博士は不器用だけど真面目な人というか、何事にも一生懸命な人物という印象です。ただ、がんばる方向がいつも間違ってしまっている(笑)。開発に失敗した薬を無理やり成功だとでっちあげようとするところなんてまさに、ですよね(笑)。
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)
『酒と涙とジキルとハイド』(2014年 舞台写真)(撮影 渡部孝弘)

大体、タイトルからしておかしい(笑)


――今回再演にあたって楽しみにしていることはありますか?

どんな時事ネタが入るかが楽しみですね。台本が大幅に変更になるわけではないそうですが、場面場面で細かな変更はあると思うので、どのようにメスを入れられるかは僕もとても楽しみにしています。そして台湾公演!

――本作が初の海外公演となるのは意外でした。

歌舞伎で海外公演のお話をいただくことはあるのですが、いつもスケジュールが合いませんでした。なので外国では作品がどう受けとめられるのかまったく想像がつかない。それに『酒と涙とジキルとハイド』は、卓球の高速ラリーのような会話劇ですから、お客様の反応は興味深いですし、正直心配でもあります。

――観客としても台湾での反応は気になるところです。

初日をやってみて、会場がずっとシーンとしていたら、もうどうしましょう(笑)。

――それでは最後に、再演に向けて意気込みをお願いします。

皆様のイメージしている『ジキルとハイド』とはまったくの別物なので、とにかく一回観ていただきたいですね。観れば三谷幸喜という方が今、引っ張りだこな理由が分かっていただけると思いますし、おそらくもう一度観たくなるはず。大体、タイトルからしておかしいですよね!?(笑)「酒と涙」ってなんのことかわからない。まったく予習をしてくる必要はないので、無心で没頭していただけたら(笑)。

出演者も素晴らしく際立っていて、それぞれの良いところが活かされつつ、新しい一面が見られるような裏切りもある。演者は4人ですけど高速のやり取りの中で、変化したり、変化できない人物もいますので(笑)、4年ぶりの再演ですが、今回新たにどんな化学反応が起きるのか楽しみにしていてください!


取材・文・撮影=大宮ガスト

公演情報 『酒と涙とジキルとハイド』

■日程:2018年4月27日(金)~5月26日(土)
■会場:東京芸術劇場 プレイハウス
■作・演出:三谷幸喜
■出演:片岡愛之助/優香/藤井隆/迫田孝也
 Musician:高良久美子/青木タイセイ
■公式サイト:http://hpot.jp/stage/snjh2018​

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス