最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

40代女性が「この人で大丈夫かしら?」と思ったら結婚をやめるべき男の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


婚活も成功し、いよいよ結婚が目前に迫ったときに「この人と結婚して、本当にいいのかしら?」は、多くの女性が通る道です。

軽い“マリッジブルー”とも言えますが、アラフォーともなれば「もう失敗は許されない!この結婚で、生涯を添い遂げなくては」な気合いも強くなるので、お相手への目も厳しいものになって当然です。

この「いいのかしら?」が浮かんだときに、結婚しないほうがいい男も当然います(きっぱり)。後々になって「やっぱり、あのとき結婚をやめておけばよかった」と思うくらいなら、入籍する前に他人に戻ったほうがダメージは少ないので「結婚しようかな」と思ったときこそ、彼を厳しい目でジャッジするタイミング。

そこで、アラフォー女性が「この人で大丈夫かしら?」と思ったときに、そこで結婚をやめるべき男の特徴をお話します。

1:「こんな人だけど大丈夫だと思う?」と彼のことを周囲にやたら相談したくなる男




ふと気づくと、自分が周囲の人たちに「私、この人と結婚しようと思うのだけど、どう思う?」をやたらに相談しているなら、その男との結婚は避けたほうが無難なサインかも。

一般的には、結婚に向けてふたりの仲が成熟しているときには「この世界はふたりだけのもの!」とばかりに、周りなんて見えないくらい突っ走っても不思議ではない時期。そこで「この人で本当にいいのかしら?」と周りに相談しまくっているということは、自分の直感のどこかで「やめたほうがいい相手」という結論が出ている男の可能性もあるわけです。

「いいんじゃない?」「大丈夫じゃない?」言ってほしさに相談していても、実際に結婚してその男と暮らすのは友達ではなく自分。相談相手の友人だってその男のすべてを知るわけではないだけに、やはり自らの直感を信じたほうが確実です。

2:仕事をむりやり辞めさせる男




アラフォーともなれば、キャリアを積み相応に責任あるポジションに就いている女性も一般的です。

そしてその昔から“寿退社”に憧れていた女性ほど、彼から「結婚を機に仕事を辞めてくれ」と頼まれると「そこまで言うなら……」と、これまでのキャリアを捨て家庭に入りたくもなります。ちょうどストレスも多い立場にあることが多いので、彼のそのひと言がスッと入って魔がさしてしまうことも。

この展開は、専業主婦願望が強く男性から食べさせてもらう生活を望んでいる場合は幸せを感じられるはずですが、アラフォー・40代までおよそ20年にわたって仕事を続けてきた女性が男の意向ひとつで“仕事”を奪われるというのは、お給料だけでなくそこまでに培ってきた人間関係までも失うお話であることを忘れてはなりません。

そこまでのことを口にするだけの覚悟がある男なら安心ですが、単に「妻には家にいてもらいたい」「共働きだと俺の稼ぎが足りないように見えるから嫌だ」など見栄のためだけに仕事を奪う男も。この手のタイプは責任感なく「仕事をやめてくれ」を口にするので、結婚しても女性を後悔させるタイプです。

3:他にも女性の影がある男




「浮気する男は一生治らない」は、本当だと私は思います。

ですので、結婚するときに他の女性の影がある相手とは、やっぱり結婚を考え直したほうが賢明です。

よく「結婚したら彼は変わるかも」と期待したり「男なんて、どうせみんな浮気するんだから」などと冷めた感情を自分に言い聞かせたりして、自分の他にも女性がいるのを知りながら結婚する女性がいますが、その後、夫の浮気が治ったという話はほぼ聞きません。これに加えて、アラフォー・40代の結婚だと相手もそれなりの年齢になっているので「もう落ち着くわよね?」な期待値も上がりますが、この期待も裏切られている女性が多い実態にあります。

他にも女性がいながら自分と結婚したがっている彼がいると「その他の女性に私は勝った!」と思いたくなる人もいるようですが、本当の“勝ち”は幸せな結婚生活を送らない限り訪れないので、やっぱり辞めたほうがいいのです。

結婚してから「あの時にやっぱり踏みとどまるべきだった」と後悔しても、時間は戻せません。だからこそ「この人でいいのかしら?」が浮かんだときには、一度冷静に相手を見極める心がけも大切だったりします。みなさまのお相手は“結婚しないほうがいい男”に当てはまりませんように。心から願ってやみません。

外部リンク(OTONA SALONE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス