最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ブラゾンドゥリスを頭から狙い撃つ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東のメインは根岸S

距離が1400メートルと短距離馬でも好走可能とあって、ペースがどうなるかが大きなポイント。直線の長い東京が舞台であり、ペースが緩いか速いかで結果はかなり違ってくる。ここを勝って本番も、という馬は決して多くなく、一つの完結した重賞ととらえるべきかもしれない。

まずは過去を振り返ってみよう。馬単が導入されたのが03年。それからこれまでの15年間、馬単で万馬券になったのは5回(馬連2回)。1番人気馬は5勝(2着4回)、2番人気馬は2勝(2着1回)。1、2番人気で決まったのは、わずか1回だけ。簡単に言ってしまえば、大きく荒れることもあるが、おおむね中穴傾向の重賞だ。

ダート戦は芝のそれと比べ、高齢馬の活躍が目立つが、この重賞も例に漏れない。過去15年間で7歳馬が3勝(2着1回)、6歳馬は4勝(2着3回)。8歳馬が2着に頑張ったこともあり、そのへんは頭にしっかり叩き込んでおくべきだろう。

それでは顔ぶれを見てみよう。大きく抜けて強いと思われる馬はいない。力は各馬接近しており、難解なレースである。

高齢馬の活躍が目立つと書いたが、名手ルメール騎手とのコンビになるベストウォーリアは有力馬の1頭ということになるか。

最も多く勝利をあげ、また連対しているのは5歳馬(過去15年で5勝、2着8回)だが、今回のメンバーを見渡して、これといった強力な馬はいない。

ならば6歳馬だろうか。アキトクレッセント、カフジテイク、ノンコノユメ、さらには地方から参戦するブルドッグボスと有力どころが多いが、穴党として狙ってみたいのはブラゾンドゥリス。この馬を断じて軽く見るわけにはいかない。

当初はひ弱な体質ゆえに休み休み使われてきた。そうして大事にされてきたのがよく、一戦ごとに力をつけ、重賞を狙えるまでに出世した。

ノボジャック(JBCスプリントをはじめ重賞8勝)×マヤノトップガン×ナスルエルアラブとダート実績ある種牡馬を配合したうえ、曾祖母がダート競馬の女傑ロジータ(牝馬3冠)という血統馬。近親にもレギュラーメンバー、カネツフルーヴといったダートで活躍した馬が多くいて、文句なしのダート巧者だ。その馬が本格化間近とあっては狙わない手はないだろう。

休み明けを使われつつ調子を上げてきており、前走のギャラクシーS(2着)も見せ場たっぷりだった。相手なりに走る勝負根性が持ち味で、東京コースも得意。さらに言えば1400メートルの距離もベスト。この中間も順調そのもので、頭から狙い撃ちといこう。

シルクロードSは、ハンデ戦。こちらも簡単には決まるまい。高松宮記念を前にして脚を隠す馬もいることを思えば、伏兵の台頭も十分ある。期待したいのは、カラクレナイだ。

GIIフィリーズレビューを勝っており、力は証明済み。しかし、桜花賞4着以降は結果を出せずに終わり、前々走のGIIスワンSを52キロで16着に敗れていることを思うと、ハンデは53キロ止まりだろう。

祖母レッドチリペッパー(重賞2勝)譲りの強烈な末脚が武器の馬。良馬場なら存分に持ち味が発揮されていい。中間は順調そのもの。まだ伸びしろが十分な馬であり、大いに期待したい。

穴はアレスバローズだ。こちらもしまいの脚は強烈。昇級初戦になるが、状態はさらに良化している。大勢逆転があっていい。

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス