最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木村拓哉「身辺警護人」は目立ちすぎ共演陣が主役を“警護”していた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 木村拓哉が1年ぶりに主役を務める連続ドラマ「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)の第1話が1月18日に放送され、15.7%の高視聴率をマークした。SP(警察官)と民間ガードマンの官民格差を織り込んだ巧みなストーリーや、本物の競技場に大人数のエキストラを動員しての大掛かりなロケなど、制作側の本気が伝わってくる内容には視聴者も好感を持っているようだ。

初回放送が好発進とあってキムタクファンも喜んでいるかと思いきや、意外にも不満の声が少なくないという。そのワケは、全体を通してみると『誰が主役なの?』と思わずにはいられないほど、木村以外のキャストが目立ちすぎているからだというのだ。

「中でも存在感が抜群なのは斎藤工。出番こそ少ないものの、どうにも隠し切れない艶っぽさからは、斎藤こそが陰の主役ではと思うほどです。そして菜々緒はスラッとした体躯が女性ガードマン役にはピッタリで、しかも『またお直しした?』と噂されるほどの決まりまくった顔面にも意識が集中してしまいます。そして第1話ゲストの勝地涼はプロミスやレオパレスのCMが人気なことから、犯人役がいまいち似合っていないミスマッチぶりで悪目立ちする始末。もはやキムタク主演ではなく、群像劇でいいのではないかと思いましたね」(テレビ誌記者)

ほかにも“日本一艶っぽい独身アラフィフ”として人気が再燃している石田ゆり子や、「救命病棟24時シリーズ」(フジテレビ系)など主演ドラマも多い江口洋介など、どのシーンにも主役級のキャストがズラリ。

「言ってみれば、キムタク以外の豪華共演陣の印象に残る演技で、身辺警護よろしく視聴率が振るわず、キムタクに恥をかかせないように“警護”している状態じゃないですか」(前出・テレビ誌記者)

まあ、これならキムタク主演に抵抗感を感じていた人でも、すんなりとドラマに没入できるのかもしれない。

(金田麻有)

外部リンク(アサ芸プラス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス