西鉄初の本格観光列車を発表

西日本鉄道は1月25日、2019年春に運行開始を予定している初の本格観光列車のネーミング・車両概要・デザインを発表した。

ネーミングは、観光列車の特徴を伝えるため「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」に決定。ロゴは、柳川の川下りや久留米の特産品、大牟田の産業遺産など、沿線を代表する豊かな資源や魅力を表現している。

車両は既存の6050形を、3両編成、座席数52席に大規模改造。2両目には“窯”を中心とした大型キッチンを設置し、筑後地方を中心とした沿線地域の新鮮な食材を使用した、できたての温かく美味しい料理を提供することで、乗客に沿線を味わってもらうというコンセプトだ。

車両デザインは、トランジットジェネラルオフィスの全体プロデュースのもと、多数の受賞暦を持つ福岡南央子氏や、モダンかつカジュアルなアプローチで流行に敏感な世代から支持されるランドスケーププロダクツ、福岡出身の世界的にも有名なアーティストである鹿児島睦氏などの力を借り、観光列車の特徴や沿線の魅力を表現した。

外装はキッチンクロスをイメージした赤いチェックで、料理を楽しんでもらえる列車であることや清潔感を表現。内装は八女の竹を使用した竹細工や城島瓦といった沿線地域の伝統ある工芸品等とクリエイターの感性を掛け合わせ、沿線の魅力を感じることのできる空間を演出する。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス