最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

婚活 

結婚したいなら結婚願望アリ男を狙う!賢い女性は実践している婚活術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚したいなら結婚願望アリ男を狙う!賢い女性は実践している婚活術

こんにちは、てつやです。賢い女性は、時間の使い方が上手。恋愛においても、時間を無駄にしません。

僕が提唱するロジック「恋愛リスクマネージメント」でも何度も繰り返し言っていますが、最初から結婚願望の強い男性を狙うんです。

ただ、どうやって狙うのか……? もちろん、実際会って話をしていく中で、結婚願望があるかないかを聞きだす作戦もあるでしょう。けれど、超賢い女性は、そんな会話の時間さえもったいないと思えてしまいます。

できれば、事前のリサーチ情報の中で、ある程度の目星をつけて確実に狙っていきたいのです。

そんな風に、「実際に質問しなくても見分けられる、結婚願望が強めの男性」のポイントを、いくつか紹介したいと思います。

1、イケメン40男(離婚歴ナシ)


みなさんの周りにいませんか? かっこいい大人の色気がある40代の独身男性。昔は当然モテただろうし、もしかすると今も「現役」なのでは? というタイプ。

ただ、この手のタイプは、40代に突入して自分のポテンシャルの限界を感じ始めています。どんなにイケていても、結婚歴がゼロであれば、そろそろ「この人、何か問題があるんだな」と疑われる年齢なんですよ。

本人としても、難あり男とは思われたくないはず。だからこそ、狙い目でもあります!

モテ男も年貢の納め時は40歳から。ぜひ、覚えておきましょう。

2、転勤族かどうか?


転勤族かどうか、これはかなり重要です。

転勤族は、職場が変わるたびに新しい環境に慣れなければいけない大変さを持ちます。彼女がいても遠距離恋愛になる可能性が高く、また遠距離恋愛は大抵うまくはいきません。

ですので、今は近所に住んでいても彼氏の転勤をきっかけに結婚……というカップルがとても多いのです。早く結婚したいと考える女性は、男性が結婚に踏み切りやすい転勤族を狙うのが良いかもしれません。

ただし、転勤のある彼と結婚すると言うことは、自分も転勤族になるという意味。自身の社交性や協調性も振り返って、考えると良いですよ。

3、安定して動きが少ない職業


仕事が落ちついている人は、結婚相手として狙い目です。

なぜなら、経済的に安定はしているでしょうし、忙しい中でも自分のペースというものをちゃんと確保できるなら、「家族を持っても、俺は大丈夫」という余裕を持っているから。

結婚をしぶる男性のほとんどが、仕事や金銭面での不安を抱えています。そのため、社会人になって4~5年経つ地方公務員や銀行員などは、比較的結婚に前向きな考えを持っているはず。

逆に、新社会人だったり、転職を繰り返したりする男性は、結婚を考える余裕があまりないでしょう。

4、子供が好き


子供が好き、あるいは子供から好かれる男性は、結婚に前向きな人と考えて良いでしょう。

女性のほとんどは、独身時代は子ども嫌いを自称していても、実際に自分が母親になれば激変するものです。けれど、男性の場合は「子どもを毛嫌いするタイプは、ずっと変わらず子ども嫌い」である可能性が高いといえます。

何とか子ども嫌いの彼を説得して結婚したけれど、子どもが産まれて夫婦関係が最悪。結局、離婚しました……とならないよう、事前に子ども好きな男性かどうかを確認しておくべきです。

おわりに


最後に言っておきたいのは、結婚に興味のない男性にいくら時間を費やしても意味はないということ。

なので、今回ご紹介した条件が当てはまる男性は、かなり狙い目。全部が当てはまる人はなかなかいないかもしれませんが、ひとつでも当てはまれば「夫候補」に見て良いのではないでしょうか。

(てつや/ライター)


外部リンク(カナウ)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス