『anone』死んでもいい時って? 阿部サダヲの台詞に「深い」の声相次ぐ

しらべぇ

2018/1/25 16:30


『anone』

広瀬すず主演・坂元裕二脚本のドラマ『anone』(日本テレビ系)が24日に第3話の放送を迎えた。

■これまでの『anone』


天涯孤独な少女、「ハズレ」こと辻沢ハリカ(広瀬)は大金の入ったバッグを探しに行ったことをきっかけに林田亜乃音(田中裕子)と知り合い、彼女の夫が以前経営していた印刷工場で清掃のバイトすることになる。

一方、医者から半年の余命宣告を受けて店を畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は青羽るい子(小林聡美)と意気投合し、死に場所を探す旅に出る。

その最中に2人は亜乃音が持っていた偽札を大金だと勘違い。さらにハリカを娘だと勘違いして誘拐するが、そこに舵の幼馴染である西海(川瀬陽太)が登場。ハリカたちに拳銃を突きつける。

■勘違いの連鎖でさらに読めない展開に


ハリカを亜乃音の娘だと勘違いした舵たちは、裏金を隠しもつ女の娘だと西海に告げる。すると西海はハリカを人質にとり、亜乃音から身代金を取ることを画策。るい子を亜乃音の元へと向かわせる。

当初、実の娘・玲の話と思って聞いていた亜乃音だが、後にハリカのことと気づく。だが、亜乃音は1000万円を彼女のために用意し、西海の交渉に応じる。

だが、西海が手にしたバッグの中には偽札が含まれていることが判明。るい子が別のものにすり替えたのだ。人生に絶望した西海は、自らに拳銃を発砲する。

■理市(瑛太)の素性が少しずつ判明


一方、亜乃音の元を中世古理市(瑛太)が訪ねてくる。彼はかつての林田印刷所の従業員だった人物で、亜乃音は再会を喜ぶものの、やって来たのにはなにか理由がある模様。

その後、現在理市が働いている弁当屋の店長に頼まれ、サービス券を1枚あたり50円もかかる仕様で作る様子も。

また第3話ラストでは西海が残した偽札入りのバッグを理市がさっと回収する一幕もあり、未だに何を考えているのかわからない感じだ。

■西海の痛切な叫び それを諭す舵


今回も脚本を務める坂元裕二の秀逸な台詞が相次いだが、中でももっとも視聴者の反響を得たのが、「生きてる意味がわからない」と自暴自棄になる西海に対して舵が放った以下の言葉だろう。

「死んでもいいって言うのは、生まれてきて良かったって思えたってことだよ。生まれて来て良かったって思ったことないうちは、まだ死んでもいいってときじゃない」

この台詞の直前、西海は「自分がいてもいなくてもどっちでもいい人間だって」「45になって思うんだ。ハタチの倍思うよ!」と述べていた。

「オトナになればこんな風になっているはず」という子供時代の予想は理想でしかなく、基本的に外れるものだが、西海もそんな風に思っていた1人なのだろうか。

それに対する舵の言葉はとても温かく、そして強い。

■さまざまな反響相次ぐ


この台詞に対し、ネット上ではさまざまな反響が確認できる。











特筆すべきは2人のやり取りに対して、「深い」という声だけでなく「少し怖くなった」という声も見られたことだろう。

たしかに10代や20代の若者がこの作品を鑑賞したとして、西海の言うとおり、20年が経った将来に現在の倍、なんのために生きてるのかと考えているとしたら……ちょっと容易には想像できない怖さだ。

だが、それも人生の厳しい現実の1つなのだろう。

■人生このままでは終われない?


(©ニュースサイトしらべぇ)

しらべぇ編集部では以前、全国20~60代の男女1,348名に「人生について」の調査を実施。全体では54.5%もの人が、「人生このままでは終われないと思う」と考えていることが判明した。

舵や西海と同じ40代でも、半数の人が「まだまだ死ねない」と考えているようだ。

主人公・ハリカを含め、何も持っていない登場人物たちが多く登場する『anone』。静かながらも哲学的・詩的で非常に考えられる作品だ。

《これまでに配信した『anone』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『anone』ハリカのスケボーは「忘れっぽい天使」? 考察が話題に

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤 イラスト/みかごろう

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日
対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

あなたにおすすめ