最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

阿部寛、寺島しのぶに"ご奉仕"も「下手くそ」 『のみとり侍』特報公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の阿部寛が主演を務める映画『のみとり侍』(2018年5月18日公開)のティザーポスター、及び特報が25日に公開された。

同作は小松重男の傑作短篇集『蚤とり侍』を実写映画化。エリート藩士・小林寛之進(阿部)が、客の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐが実際は女性に愛をご奉仕する裏稼業・蚤取りに命じられる。寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、前田敦子、松重豊、桂文枝と豪華キャストが集結した。

今回公開されたティザーポスターは、東洲斎写楽の浮世絵『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』に着想を得て、浮世絵風・寛之進の姿が写し出された。寛之進は鼻の頭には"のみ"が飛び込み、首元には"キスマーク"が付けられた。ポスター撮影時、阿部寛は写楽の描いた浮世絵を見ながら、手の位置や目線の振り方に細かく気を配り、度重なる微調整を繰り返し挑んだ。

特報映像では上司の逆鱗に触れ『猫の蚤とりになって無様に暮らせ!』と左遷され、"蚤とり"になってから訪れる多難に立ち向かっていく寛之進の姿が。思い人・おみね(寺島)に「愛」をお届けするも『この、下手くそが!』と言い渡され茫然とする。

脚本も務めた鶴橋康夫監督は「阿部寛さんと撮影でご一緒するのは、3度目ですが、こちらの期待以上に寛之進という侍の誇りや忠義心を表現してくれ、僕と彼の間には、互いに信頼があったように感じる」と語る。「ポスターで表現されているように、阿部さんが、この当時の浮世絵に描かれているような歌舞いた表情をしてくれたこともとても嬉しいです。僕たちが想像していた以上にこの作品を理解してくれているのではないかと感じ、『よくぞここまで表現してくれた!』と初めてポスターを見たときに思いました」と阿部の姿を絶賛した。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス