マコーレー・カルキン、マイケル・ジャクソン長女のことは「守ってやりたい」

マイケル・ジャクソン(享年50)が生前とても親しくしていた映画『ホーム・アローン』の元人気子役マコーレー・カルキン(37)。彼は「マイケルが溺愛していた」とされる長女パリス・ジャクソン(19)と大変仲が良く、あまりにも親しそうな様子をパリスがインスタグラムにアップした時には「交際しているのでは?」と怪しむファンもいたほどだ。しかしマコーレーは恋人ブレンダ・ソングとのディナーにもパリスを同伴させており、パリスに対する恋愛感情は「現時点ではない」もよう。そのマコーレーがこのほど参加したポッドキャストにて、パリスへの思いを告白。パリス絡みの情報を詮索される前に「守ってあげたいと思っている」とコメントし、「聞く内容には注意しろよ」とホストを牽制する一幕もあった。

お揃いのタトゥーを彫り入れる、また爪先にペディキュアを塗ってあげるなど、自身のゴッドファーザーであるマコーレー・カルキンをとても慕っているパリス・ジャクソン。彼女については「マイケル・ジャクソンの娘」であること、また過去に自殺未遂を起こしたこともあってメディアも注目しており、それを承知のマコーレーは『WTF with Marc Maron』なるポッドキャストに出演した際、ホストにこう釘を刺した。

「パリスと俺はとても親しいんだ。」

「だから今のうちに警告しておく。俺は彼女を守ってやりたい気持ちがすごく強い。だから(話題には)十分気をつけるんだぜ。」

「俺には秘密なんてまるでない。でも俺は、パリスのことを愛しく思っているんだ。」

これに対しホストは「別にパリスさんに関するゴシップを探ろうとしているわけではない」と釈明しているが、マコーレーはこうも続けている。

「ただ重々承知しておいてほしいだけ。もしそっち方面(パリス絡みの話題)に向かっても、行き詰まるだけ。俺はそれだけパリスのことを愛しているから。」

またパリスの様子を聞かれた際には以下のように短く答えるにとどめ、深くは語らなかった。

「そうだな、彼女は背が高い。それに美人で賢い子だ。」

なおマコーレーは幼かった頃、マイケルの楽曲『Black Or White』のPVに出演している。また自宅に招待されることもあったといい、マイケルとの絆は非常に強かったようだ。自身の父親とは不仲だったというマコーレーだけに、マイケルはマコーレーにとって大事な友人であると同時に“父のような存在”でもあったのだろう。それだけに彼が誰より愛したパリスのことは可愛くてたまらないらしく、「マイケルに代わって守りたい」という“親心”に近い愛情を感じているようだ。

画像は『Paris-Michael K. Jackalope 2017年4月21日付Instagram』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス