未体験な食感のシンプルな麺「そば」

ぐるなび

2018/1/25 15:10

1月24日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、写真映えとは真逆のシンプルだけど人気のグルメを特集した中で、「中華そば屋・伊藤」(東京都北区)が紹介された。

同店は地下鉄南北線の王子神谷駅2番出口から徒歩12分、JR京浜東北線の王子駅から徒歩20分ほどの場所にある中華そば屋だ。

番組では、お店のメニューとして「肉そば」(700円/税込み)、「そば」(550円/税込み)が紹介された。麺とスープにこだわった結果メニューはこの2品だけとなったそうだ。
「肉そば」の具は豚バラ肉と刻みネギのみでメンマなどの類いは一切なしのメニュー。
「そば」の具は刻みネギのみのシンプルな一品だ。この麺は店主が厳選した小麦粉を製麺機に落としこみ水を溶き玉子と合わせ製麺機の中へ入れる。溶き玉子と合わせる水の量は日々の気温や湿度で変えるそうだ。
スープには約3キロある千葉・九十九里産の煮干し・日高昆布・サバ節を使用。これを約2時間煮込み最初とは異なる煮干しを3キロ追加。こうすることで旨味が凝縮した濃厚なスープができるそうだ。

坂田陽子さんが「そば」のスープをいただくと「ん~!あっ濃厚!煮干しの風味がギュッ、ギュギュッって凝縮されていてあとでファ~って甘みを感じる」とコメントし、麺を食すと「独特な食感!表面はツルんとしていてなめらかに舌の上を滑っていく。最後に噛んだ時になんか独特のパツっていうか歯切れの良さを感じる!」と未体験な食感の麺を称賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス