この「5つ」を覚えておけば、もう愛を間違えたりしない。

TABILABO

2018/1/25 15:01


愛は最高の奉仕だ。
微塵も自分の満足を思ってはいけない。

太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。
でも、中には真実とは対照的な「有毒な愛」も存在します。そんな両者の差を「Higher Perspective」に掲載されているこの記事が教えてくれます。

01.
この恋愛は何のため?



【真実の愛】
自分の成長も含めて、お互いに何が幸せな関係かを考える。

【有毒な愛】
自分のことではなく、相手や関係自体にばかり焦点を当てる。

02.
閉鎖的になってない?



【真実の愛】
例え興味を持つ分野が違ったとしても、一緒にいることを快適に感じられる。交友関係を持つことも許容される。恋人がいても、自分の趣味や思考を追求することができる。

【有毒な愛】
互いの生活の中だけにすべての関係がある。他のどこへも行くことはできず、相互依存関係にある。

03.
心から、パートナーを
受け入れていると言える?



【真実の愛】
パートナーの個性を受け入れることにおいて、争いは生まれない。

【有毒な愛】
ありのままのパートナーを愛するのではなく、自分が望む人に変えようと執着する。

04.
無理にSEXをしてない?



【真実の愛】
親密だからこそ、愛と信頼を持って、するかしないか自分で選択できる。

【有毒な愛】
過度に申し訳なさを感じてしまう。恋人の欲求を満たさなければ、という恐怖や不安、プレッシャーを感じる。

05.
会話の本質がズレてない?



【真実の愛】
理解したい、助け合いたい、という愛情が前提にある。そして、建設的な会話ができる。

【有毒な愛】
簡単に相手を非難したり、自分を守るための言い訳をする。パートナーを誘導するための会話になっている。

Illustration by オザキエミ

Licensed material used with permission by Higher Perspective

【TABI LABOのsarahahができました】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ