最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『民生ボーイと狂わせガール』大根仁監督&渋谷直角、“女子へのホンネ”を語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 妻夫木聡と水原希子が初共演し、『モテキ』『バクマン。』の大根仁監督が、人気コラムニスト・渋谷直角のレジェンドコミックを映画化した『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』のBlu‐ray&DVDが3月14日に発売される。発売に先立ち、大根監督と渋谷によるオーディオコメンタリーの収録が行われ、実体験も交えた“女子へのホンネ”が炸裂した。

【写真】キャスト、監督が登壇『民生ボーイと狂わせガール』完成披露舞台挨拶の様子

本作は、奥田民生を崇拝する雑誌編集者が、仕事で出会ったアパレルメーカーのプレス(広報)の女性に一目惚れし、振り回される姿を描いたラブコメディ。水原が演じるアパレルメーカーのプレス・あかりは、奔放な行動と言葉で男性を狂わせる魔性の女だ。オーディオコメンタリーで、大根監督は「二人ともファッションプレスには痛い目にあってるよね」と言い、渋谷は「痛い目に合うほど近づけないですよ」と話しながらも、「プレスの人は愛想が良くて、すごくよくしてくれるし、勘違いしてしまう男性は多いはず」と分析する。その後も、「思いがけないところに地雷がある」「地雷を踏んでしまったら、最後。ほとんど言いがかりでむちゃくちゃな理詰めでくるから黙っている方がいい」「でも黙っていると“なんで黙っているの!”って言う」など、男性のホンネが溢れまくったトークが展開された。

また、大根監督が「女子の特徴だと思うんだけど、勝手な記憶の改ざんがあって、“こういったよね!?”とか言って絶対に譲らない」と話すと、渋谷も「男はガマンするしかない」と同意する。妻夫木演じるコーロキが仕事で約束の場所に何時になったらいけるのかわからない状態になった時のあかりとの電話のシーンでは、雑誌編集者という不規則な仕事をしていた渋谷は「こんな電話は歴代(の彼女)、いつもでしたよ。いつ終わるかわからない仕事でも、頑張る、としか言えない」と本音も吐露した。

収録を終えて、大根監督は「監督として、高いお金を払って(DVDを)購入して下さるお客様のためにも、DVDまで責任を持つつもりでやっているので、これ(コメンタリー収録)で、一区切りついたと思うと感慨深い。でも、もう次の作品にどっぷり浸かっているので、今日は“元カノとズルズル続いている”ような後ろめたい気持ちにもなった(笑)」とコメント。渋谷は「僕ももう、次のマンガを書いているので、その分新鮮と言うか、フラットに見られた。公開中、劇場で観て、その時は気が気じゃなかったけれど、今日は落ち着いて観られた」と収録を振り返った。

このオーディオコメンタリーは、本作のBlu‐ray豪華版に収録される。豪華版にはこのほかにもメイキング映像やイベント映像などの映像特典も収められ、さらに渋谷による描き下ろし漫画『外伝・美上ゆうの仕事術』が掲載されたフォトブックも封入される。

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』のBlu‐ray豪華版(価格:6800円+税)、DVD通常版(価格:3800円+税)は3月14日発売。3月7日よりBlu‐ray&DVDレンタル開始。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス