ももクロ百田夏菜子、マーベル映画『ブラックパンサー』で吹替版の声優に抜擢

Billboard JAPAN

2018/1/25 12:00



ももいろクローバーZ・百田夏菜子が、3月1日に公開されるハリウッド映画『ブラックパンサー』で日本語吹き替え版の声優として出演することが発表された。

『ブラックパンサー』は同名のマーベルコミックが原作で、“国王”と“ヒーロー”という2つの顔を持つマーベル史上最もクールでミステリアスな国王ティ・チャラ/ブラックパンサーが描かれている。本作はライアン・クーグラーがメガホンを取り、主演はブラックパンサーが初登場した『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でもブラックパンサーを務めたチャドウィック・ボーズマンが演じている。

今回、百田は主人公であるワカンダ王国の国王ティ・チャラの妹でありワカンダNo.1の天才科学者、シュリの声を担当。王女でありながら天真爛漫で元気なシュリのキャラクターが百田のイメージに合うことから声優に抜擢された。百田演じるシュリは、ブラックパンサーのスーツをはじめとする数々の最新ガジェットを開発した天才科学者で、兄であるティ・チャラを支える重要な役どころとなっている。

百田は今回の起用を受け「たくさんのファンがいらっしゃる作品に今回から初参加するプレッシャーもありました。でも素直にうれしい!やりたい!と思いました。シュリという女の子になりきれるようがんばりましたので、私の声が届いたらうれしいな」とコメント。また“国王”“ブラックパンサー”という2つの大きな使命をもった主人公に対して「私自身も、突然ももいろクローバーZのリーダーになるように言われたので、主人公の気持ちがわかります。私は、メンバーをはじめ、たくさんの人に助けられながらやってきたので、きっとティ・チャラも周りの人に助けられて、成長するのだと思います」とリーダーとしての自分の姿と重ね共感を示している。

さらに百田は、2月5日に行われる『ブラックパンサー』の韓国プレミア上映会に参加することが決定。初の海外レッドカーペットについて「今からドキドキしています! これまでは、レッドカーペットの様子をみる側だった憧れの場所。自分が歩いているのは想像できないけれど、その場を楽しみたいと思います」と意気込みを語った。なお、映画『ブラックパンサー』は2018年3月1日より全国ロードショー。

◎公開情報
『ブラックパンサー』
監督:ライアン・クーグラー
出演:チャドウィック・ボーズマン、ルピタ・ニョンゴ、マイケル・Bジョーダン、マーティン・フリーマン、アンディ・サーキス、レティーシャ・ライト
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)Marvel Studios 2018

あなたにおすすめ