マツコ、パワハラ指摘され「訴えてください。勝つ自信あります」


1月22日放送の「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスが、オタクに関して抱き始めた好意的な感情についてと、マツコに来年の抱負を尋ねてきた女性編集者との一連のやり取りについて語った。

マツコ「四捨五入で50歳。あとは死ぬのを待つだけ」


まず、メイド喫茶で年越しする人に密着したVTRを見た後マツコは「ちょっとメイド喫茶年越しいいなって思った、おもしろいわ」と笑顔。続けて「オタクの人って最初拒絶反応があったじゃない、みんな。(今は)なくなったわね」との発言に「距離感なくなったね、もう市民権なんかめちゃくちゃ得てるわけやし」と納得の村上信五

マツコが「あのしゃべり方とかも、全然嫌じゃない。面白い、カワイイって思っちゃった。最近ああいう感じの人好きなんだよね」とオタクについて好意を感じると語ると「どんどん(好みの)裾野が広がってるよねぇ」と村上が驚く。これにマツコは「すんごい広いよ、もうアタシ」と、その好みの幅広さをアピールした。

そして話題は年齢の話に。自身について「四捨五入でもう50(歳)だからねアタシ。45になっちゃったわ、私もう。あとは死ぬのを待つだけ」と、どこまでも自虐的なマツコ。「まだまだまだまだまだあるよ」と慰める村上が「もう聞かれへんか、マツコは。今年の目標はとか」と尋ねると、マツコは「聞かないね、聞いたらその場でパンチされるのみんな分かってるからさ」と発言。

しかし、「でも去年ぐらいまでいたわよ、予備知識のないブスな女編集者とか」と辛らつに斬ると「『来年の抱負は?』とか言ってくるヤツ。『お前が言ったら答えてやるよ』って。普通に『えっ私はですね〜』っていうから『聞きたくねぇよ、テメエの抱負、特に』って。もう(動揺して)『ハッハァー』ってなってたわよもう」と語った。

「パワハラですよ!」と指さす村上に「パワハラでーす、いいんでーす、訴えてくださーい」と開き直るマツコ。「くだらない質問をしてくる記者はどんどん訴えてください。アタシ、勝つ自信あります」と、どこまでも強気のマツコであった。

(Yomerumoバラエティニュース編集部)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス