小瀧望、いくえみ綾の人気キャラを熱演  「プレッシャーを感じました」

テレビファン

2018/1/25 10:24


 映画『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』の完成披露試写会が24日、東京都内で行われ、出演者の黒島結菜、小瀧望(ジャニーズWEST)、高杉真宙、川栄李奈、篠原哲雄監督が登壇した。

同映画は、累計120万部を突破した、いくえみ綾氏の大人気コミックを実写映画化。高校生の男女が恋や友情に揺れながら成長していく姿を描く。

映画初主演となった小瀧は、学校で一番の人気者で、幼なじみを大切にするがいつも上から目線の“俺様系モテ男子”・ 舘林弦を熱演。いくえみ氏の漫画で最も人気があるキャラクターであることについて、「プレッシャーを感じました。突き放す言い方をするんだけど、むきになり過ぎない。たまに垣間見える優しさもあるけど、優しくなり過ぎない。バランスが難しかったです」と役作りを振り返った。

小瀧は、黒島とW主演だったこともあり「何かあったら黒島さんに任せようと思っていた」とニヤリ。黒島は「ちょっとやめてください」と慌てつつ、「私も主演がちょっと怖かったけれど、小瀧君がいろいろ引っ張ってくれました」と話した。

一方、弦の幼なじみ・桜井和央を演じた高杉について、司会者が「漫画の中から飛び出してきたような“ゆるふわ系モテ男子”」と絶賛。高杉は「和央くんを演じられて楽しかった。芯の強さや男っぽいところが見えたら良いなと思い演じました」とにっこり。そんな高杉の魅力について小瀧も、「素でも、本当にかわいいんですよ。どんどん何でもやってあげたくなるような感じだった」と力説した。

ところが当の高杉は「うん…?」ときょとんとした表情。黒島から「温度差ありませんか?」と突っ込まれた小瀧は「俺のほうが、熱量が強過ぎますね!」と“片思い”を認めたが、高杉も「ずっと小瀧くんに守られている感じだった。優しいお兄さんだなと思った。同じ年なのに」と“ラブコール”に応じていた。

映画は3月3日から全国ロードショー。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス