特急ラピートと桃園メトロ利用で約500円お得 南海電鉄ら4社、連携企画きっぷ発売 

Traicy

2018/1/25 08:36

関西エアポート、南海電鉄、桃園メトロ、桃園国際空港の4社は、相互連携による「旅行“台湾⇔大阪”乗車券」を2月1日から発売する。

南海電鉄のなんば・新今宮・天下茶屋~関西空港間の特急ラピート(スーパーシート)片道切符の引換券と、桃園メトロの台北~桃園空港間の片道きっぷの引換券をセットにしたもの。両空港では、チケットを提示することにより食事や買い物での割引きやプレゼントのサービスを受けることができる。発売価格は日本国内では1,770円、台湾では470台湾ドル。同区間を通常料金で利用する場合に比べ、約500円お得になる。

発売場所およびきっぷの引き換え場所は、日本国内では南海電鉄の難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅、関西空港駅。台湾では、桃園メトロの台北駅、空港第1ターミナル駅、空港第2ターミナル駅および桃園国際空港第1・第2ターミナル入国フロア「桃園空港MRTサービスカウンター」。発売期間は8月31日までで、きっぷへの引き換え期間は12月31日まで。日本国内1,000枚、台湾2,000枚の限定販売となっている。

あなたにおすすめ