最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

高橋一生は芸歴27年!「実は子役出身」の芸能人5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


子役出身のイメージが強いといえば、えなりかずき(33)や安達祐実(36)、神木隆之介(24)など。天才子役としてドラマや映画に出演し続け、年齢に似合わず芸歴は20年を軽く超えています。

現在、第一線で活躍している芸能人のなかにも同じような人たちが。そこで今回は、「意外な子役出身者」を紹介します。

高橋一生 37歳にして芸歴27年!ジブリ映画で俳優として生きる決心

最も旬な俳優、高橋一生(37)。彼のデビューは27年前。1990年に公開された映画『ほしをつぐもの』でした。また、同年放送のフジ系ドラマ『ニューヨーク恋物語2 男と女』では田村正和演じる主人公の次男役に。その後出演した戦隊ドラマ『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(92~93年)はポッチャリした愛くるしい姿が印象的です。

そして15歳の時、俳優として生きて行く決心をさせた作品に出会います。それがジブリ映画『耳をすませば』(95年公開)。ヒロインが思いを寄せる男子学生の声を担当しました。20年以上前から世の女性たちをキュンキュンさせていたんですね。

松岡茉優 『おはスタ』で子役として本格デビュー

朝ドラ『あまちゃん』(2013年)で脚光を浴びた女優の松岡茉優(22)は、13歳の時に出演した子ども向け番組『おはスタ』(テレ東系)で本格デビューしました。それまでにも長年オーディションを受け続けていましたが、全滅。子役出身といっていいのかわからないほど仕事がなかったといいます。

現在はCMやドラマのオファーが絶えず、主演を務めた映画では「主役でほぼ全シーンに出るのは憧れでした」と感慨深げに語っていました。

山本耕史 0才でデビュー!『レ・ミゼラブル』を経てキャリアを重ね大成

俳優の山本耕史(41)の場合は年齢=芸歴という、超のつくベテラン。子役時代は雑誌モデルなどのほか、雪印(81年)や東京ガス(84年)などのCMキャラクターを務めました。

山本の子役時代を語る上で避けて通れないのが、舞台『レ・ミゼラブル』。当時10歳、日本初公演の大舞台で少年革命家ガブローシュ役を演じました(のちに高橋一生も同役を演じる)。その後もドラマや舞台に出演し順調にキャリアを重ね、子役から大成した数少ない俳優の一人ともいわれています。

持田香織 子役から深夜番組のアイドルグループなど苦労してELTボーカルへ

持田香織(39)といえば『Every Little Thing』のボーカルというイメージですが、実は子役出身です。雑誌などに登場し、8歳の時にはBANDAIのCMにも出演。テレビ番組でその映像が流れた際は共演者から「整形疑惑」が持ち上がるほど、面影はありませんでした。

96年にELTとしてCDデビューするまでは、テレビ東京の深夜のアイドル番組『黒BUTAオールスターズ』に出演したり(当時15歳)、全日本国民的美少女コンテストに出場したり(予選敗退)と、荒波に揉まれてきた人なのです。

濱田岳 野球観戦帰りにスカウトされ子役に

野球観戦をした帰り道にスカウトされ、芸能の世界に足を踏み入れた俳優の濱田岳(29)。デビューは10歳の時。TBS系ドラマ『ひとりぼっちの君に』(1998年)で生意気ながらも根は優しい少年役を演じました。

中高ではラグビーに熱中していたため一時芸能活動を制限していましたが、16歳の時にTBS系ドラマ『3年B組金八先生』(2004年)に出演したのを機に俳優として生きることに。

現在はauのCMやNHK朝ドラ『わろてんか』で人気を絶対的なものにし、ますます活躍することが期待されます。

<TEXT/女子SPA!編集部>


外部リンク(女子SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス