最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

アントニオ・ロッカ ニューヨークの“無冠のチャンピオン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第3話>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


WWEが誕生する以前のニューヨーク・マットのスーパースターである。正式なリングネームはアントニーノ“アルゼンチーナ”ロッカ。

日本では1960年代前半からアントニオ・ロッカというカタカナ表記が使われている。現役時代の“公式プロフィル”はフィクションとノンフィクションのブレンドになっているため、その経歴についてはミステリアスな部分が多い。

アルゼンチン出身をセールスポイントにしていたが、じっさいはイタリア生まれだった。少年時代はサッカーと器械体操に熱中し、親せきの勧めで10代でサーカスに入団したという説もある。

“大黒柱”スタニスラウス・ズビスコにスカウトされ、1941年にアルゼンチンのブエノスアイレスでデビューというデータが正確だとすると、ロッカは14歳(1927年生まれの場合)でプロレスラーになったことになる。

アメリカに渡ったのはどうやら1948年から1949年にかけてで、ズビスコとニック・イーリッチNick Elitchというレスラーの仲介でテキサス州ダラスのプロモーター、カール・サーポリスKarl Sarpolisと契約。

1949年、同州ヒューストンのモリス・シーゲルMorris Sigel派のリングでバディ・ロジャースとノース・アメリカン王座を争ったという記録が残っている。

フィクションのほうのプロフィルは「1940年代にコーラ・クワリアーニKola Kwarianiがヨーロッパでロッカを発見し、ニューヨークのトゥーツ・モントとプリモ・カルネラに紹介」(『エスクワイア』誌・1959年刊)となっている。

テキサスですでに売れっ子だったロッカをニューヨークのプロモーターが引き抜き、テキサス時代のデータを抹消したとみるのがいちばん現実的かもしれない。

ロッカは、垂直跳びからのスタンディング・ドロップキック、フライング・ヘッドシザース、トップロープからのダイビング技のバリエーションをプロレスのリングで使った最初のレスラーといわれている。

ドロップキックがロッカの発明であったかどうかは議論の余地を残すところではあるが、テレビの画面のなかで初めて“華麗な空中殺法”を使ったレスラーがロッカであったことはほぼまちがいない。裸足にショートタイツという野性的ないでたちが爆発的な人気を呼んだ。

ルー・テーズ、バディ・ロジャース、エドワード・カーペンティア、ジョニー・バレンタインらとのシングルマッチが全米各地で“ドル箱カード”となり、1949年から1962年までの約13年間、マディソン・スクウェア・ガーデン月例定期戦の絶対的メインイベンターをつとめた。

シングルプレーヤーとしてのイメージが強いが、ガーデン定期戦ではミグエル・ペレスMiguel Perez(プエルトリコ)との中南米コンビでも一世を風びした。

“テーズ系譜”とリンクするところの世界ヘビー級チャンピオンにはなってないが、マディソン・スクウェア・ガーデンの主人公にチャンピオンベルトは必要なかった。

ニューヨーク・ニューヨークのふたりのボス、ビンス・マクマホン・シニアとトゥーツ・モントのあいだに政治的対立が起きたときはマクマホン派に加担。

しかし、1963年にWWWF(現在のWWEのルーツ)が正式に発足した時点ではすでに第一線を退き、その後、ニューヨークでWWEの対抗勢力に協力したこともあった。

現役時代はついに日本のリングで試合をすることはなかったが、引退後にアントニオ猪木対ルー・テーズのNWFヘビー級タイトルマッチ――59歳のテーズと32歳の猪木の闘い――の特別レフェリーとしていちどだけ来日し、日本のファンにその雄姿を披露した(1975年10月9日=東京・蔵前)。

●PROFILE:アントニオ・ロッカ Antonino“Argentina”Rocca

生まれた年に関しては1921年説、1925年説、1927年説、1928年説などがある(誕生日は4月13日)。イタリアのトレビソ生まれ。本名アントニーノ・バイアセットン。13歳のときに家族とともにアルゼンチンに移住。十八番はアルゼンチン・バックブリーカーだった。1977年3月15日、心臓マヒで急死。一般的な“1927生まれ説”ならば享年49(1921年生まれ=享年55、1925年生まれ=享年51、1928年生まれ=享年48)。

※文中敬称略

※この連載は月~金で毎日更新されます

文/斎藤文彦


外部リンク(日刊SPA!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス