すき焼きのシメの新定番!? お肉の旨みたっぷりの和風カルボナーラ!

E・レシピ

2018/1/25 08:00



(C) gontabunta - stcok.adobe.com

我が家のこの季節の週末の夕食は、もっぱら「鍋料理」。人気メニューの「すき焼き」もよく食べます。

でも、歳を重ねると、牛肉の脂がどうも重い…という夫婦の意見が一致して、今年は牛肉よりも豚肉、鶏肉を入れたすき焼きが優勢に。

とくに鶏すき焼きだと、レバーや砂肝も入れられるので栄養価がアップ! 栄養士としてはして、王道の牛肉よりも得した気分に!?

お肉ごとの栄養の特徴としては、牛肉には鉄分、豚肉にはビタミンB1、鶏肉にはビタミンAが多く含まれています。成長期のお子さんがいらっしゃるご家庭は牛肉を、疲労回復には豚肉を、風邪予防には鶏肉をといったように使い分けてもいいかもしれませんね。

鍋料理は、具材を食べ終わったあとも、楽しめるのがいいですよね。みなさんのすき焼きのシメは、何にしていますか? うどんやお餅が定番だと思いますが、たまにはパスタを使って「カルボナーラ風」にしてみてはいかがでしょうか?

カルボナーラはベーコンを使いますが、ベーコンの代わりに、すき焼きの“残り汁”を使えば旨みは充分。カルボナーラといっても生クリームは使わず、豆乳(または牛乳)を使うので、ヘルシーな仕上がりになります。

■すき焼きのシメは、和風カルボナーラ!

<材料 2人分>
スパゲッティ 180g
すき焼きの残り汁 大さじ3
豆乳、または牛乳 150ml
粉チーズ 大さじ5
塩 適量
こしょう 適量

<作り方>
1、すき焼きの残り汁と豆乳(または牛乳)を火にかけ、茹でたスパゲッティ、粉チーズを混ぜ合わせる。

2、塩で味を調える。

3、器に盛り、こしょうをかける。

残った春菊を入れていますが、ほかの具材を入れてももちろんおいしいですよ。
(長 有里子)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス