最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

橋下氏「ICANの人たちは理想論。相手の武器と同じ武器を持つところから軍縮は始まる」 石破氏と核問題を議論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「石破さんは、核兵器を持つべきだとは断言されないけど、検討はしなければいけないということを地上波のテレビで言われた。昔だったら口にするだけで失脚するので、歴代の政治家は絶対に言及した」。

18日放送のAbemaTV「橋下徹の即リプ!」に登場した石破茂衆議院議員に、「この話はしておきたい」と橋下氏が切り出したのが、核の問題だった。

 石破氏は「みんな、アメリカの核の傘があって日本が安全だよって思ってるわけですよね。でも、しとしと降っている時は小さい傘でもいいけど、暴風雨になったら丈夫な傘じゃないとまずくないですか?今の傘でいいのかな?ってことを考えないと。(安全保障環境は)そういう風になってきている。"私は核の話はしませんよ、いい人ですよ"って言い続けた末に国民がひどい目に遭ったとしたら、政治家なんてやってる意味ない。ヨーロッパでいうと、核を持っていないベルギー、ドイツ、イタリア、オランダは自国にアメリカの核を置くか、アメリカが核を使う場合、どんな場合に使うのかそうでないのか、権限をよこせよと言っている。そうでないと、相手が持っているわけだから、何の防備もないじゃ済まないじゃないですか」と、「ニュークリア・シェアリング」の考え方にも言及。


 さらに「15年前、アメリカの国務長官に"どんなときに核を使うんですか?"と聞いたら、"そんなこと日本の政治家から言われたのは初めてだね"って言われました。"そういうこと言わない、いい人だよね"って、みんなに思ってもらった方が楽しいけどね」と苦笑、「アメリカの核の傘って本当に大丈夫ですかって検証しようよ。ミサイルを撃ち落とす能力を上げようよ。何かあったときに国民が避難するシェルターの整備率も日本は世界最低。これらを組み合わせることによって、"ミサイルを撃ってもしょうがないな"、って相手に思わせるしか無い」と訴えた。

 橋下氏は「次の総理・総裁候補になるかもしれないという方が、こういう核の話をするのは ものすごく重要なこと。僕も石破さんと考えは一緒です。もっと言えば、もともと僕は核保有論者だから。核兵器は無い方がいいけれど、現実問題として、戦後、核保有国同士は戦争していない。こういうことを言うと怒られるけど、大国が決めたことに従うような国、発言権のない国は持たなくていいかもしれないけれど、日本が国際政治での発言を目指すのであれば、冷徹な話だが軍事力はワンセット。コメンテータ的な意見で、ものすごく批判を受けたけど、本当に戦争になって日本や韓国が被害を受けるくらいなら、北朝鮮の核保有を認めた上で、日本もそれだけの力を持つべきだと言った」。

二人の話を聞いていた元NMB48の須藤凜々花は「アメリカが北朝鮮を攻撃したら日本も韓国も被害を受ける。なんでこんなに切羽詰まった状況なのに危機感がないんだろうって焦っている。非武装中立も良いことだけど、やっぱり悪だとされていることだとしても、より小さい悪であれば選択しないといけない状況に立たされていれると思う。私はマキャヴェリは嫌いなんですけど…」と、哲学好きらしくコメントした。

 橋下氏は核兵器禁止条約の締結を訴え、ノーベル平和賞を受賞したICANについても言及。

「北朝鮮を擁護するつもりはないが、あれだけ各国から圧力をかけられれば、ふざけるな、自分の国は自分でまもるという風になっちゃうと思う。いま日本に来ているICANの人たちも、あれは究極の理想であって、世界を見守る警察が出来ない限りは難しい。全世界の秩序を維持できる機関みたいなものができて、核持つな、軍事力持つなとルールを守らせることができればいいが、それはない。相手の武器と同じ武器を持って、お互いに危険だなって思うところから、放棄というものは始まる。無くしましょう無くしましょうと綺麗事を言ったって、なかなか放棄しない。ワシントン軍縮会議、ロンドン軍縮会議、中距離核戦力全廃条約、歴史はそうだった。理屈ではなく、お互いが喉元に突きつけられて初めて、"危険だな、無くしましょう"というのが歴史だ」。

 その上で、石破氏も所属する自民党、そして政府の方針について、「安倍政権の内政については賛成だが、これから莫大な費用がかかってくるミサイル防衛システムには疑問。プーチン大統領はそんなことしない。核兵器持って、お互い拳銃を突きつけていれば、極めて怖い、厳しい状況だけど、お互い撃たないだろうと。核兵器は嫌だけれども、今の最善策としては、日本は核兵器を持てる技術あるんだから、いつでもやるぞ、という意思は示した方がいいのではないか」と訴えた。

(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

▶次回『橋下徹の即リプ!』は新企画始動!SKE48須田亜香里と、ネット投票やブラック校則など、若者の疑問を斬る!

外部リンク(AbemaTIMES)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス