【結婚】覚えておきたい! 「プロポーズ」が近づくマジックワード&遠のくNGワード10

ウレぴあ総研

2018/1/25 06:30

それなりに長い間、お付き合いしている彼がいる。彼も結婚を意識しているみたい。

だけど、なぜかプロポーズをしてくれない…。

男性は、女性が考える以上に結婚についてプレッシャーを感じるものです。

彼が結婚に対して覚悟を決める前なら、彼女のちょっとした一言でプロポーズが遠ざかってしまうことも。

もしかしたら、こんなことを言ってしまっていませんか?

■プロポーズを遠ざけるNGワード5つ

■1.「親から結婚のことについて聞かれるんだけど」

これは、結婚について覚悟が決まっていない彼にとっては、プレッシャー以外のなにものでもありません。

彼は、彼女の両親が結婚を待っていることも分かっているはず。だからこそプレッシャーがさらに強くなって、プロポーズの言葉を言い出せなくなる可能性大です。

■2.「結婚したら~」というフレーズをやたらと使う

何気なく言ってしまいそうですよね。たとえば「結婚したら子どもは二人ほしい」とか。

でもこれは、彼にしてみれば結婚後の生活のプレッシャーをさらにかきたてられるだけ。結果、プロポーズを遠ざけるだけです。

■3.「結婚式は~」というフレーズをやたらと使う

プロポーズの意思が固まっていない段階なら、彼にとってはプレッシャーになるのは、これまでお話しした通りです。

また、結婚式のことばかり話題にする女性は、男性からみれば、結婚式にあこがれるだけの幼稚な女性に感じることも多いです。男性は、家庭をしっかり守ってくれて自分をいやしてくれる女性と結婚したいという希望を持つ人が多いです。

彼女ではなく、妻にふさわしい女性を演出するためにも、このフレーズは避けましょう。

■4. 婚約指輪のことを具体的に話したがる

女性にしてみれば、彼から指輪を差し出されてプロポーズされるのは、憧れの瞬間だと思います。

ですが、男性からしてみれば、高価な婚約指輪のことを具体的に話したがる女性は、経済観念がなくて妻として家計を守ってくれない人なのではないかという不審を抱かせるだけです。

■5. 「何歳までに結婚したい」と彼の前で繰り返す

これも覚悟が決まらない彼にプレッシャーを与えるNGワードです。

女性の人生は、時間との闘いという方がいます。もし結婚後に出産を考えているなら、たしかに結婚の時期を考えたほうがベターです。ですが、彼にとってはプロポーズを急かしているだけに聞こえる可能性が高いです。

では、彼のプロポーズが近づくマジックワードというのはあるのでしょうか?

もちろんあります。

■プロポーズを近づけるマジックワード5つ

■1.「結婚は私たちのペースで考えればいいよね」

こんなことを自分からいうと、彼がプロポーズを引きのばすのでは?そう考えがちですが、彼もあなたがプロポーズをしてほしいのはよく分かっています。むしろ、こう言われると彼は自分の気持ちを察して遠慮をしてくれているんだなと考えます。

結果として、「こいつのためにも、早くプロポーズしないと」という意思が固まりやすくなります。

■2.「なんでみんなあんな高い指輪をほしがるのかな?」

彼は、あなたが高価で素敵な指輪をほしがっていると考えています。ですが、本当にほしいのは「結婚してほしい」という言葉ですよね。

昔、婚約指輪は給料3ヶ月分なんていう言葉がありましたが、大多数の男性は、けじめとしてプロポーズは、高価な指輪を贈らなければと思っています。そうではなく結婚したいということをアピールすることができます。

また、こういったことを言ってあげることで、妻になったら経済観念があって、しっかりした奥さんになってくれると彼に演出することもできます。

■3. 「結婚するなら、いろんなことは二人で考えればいいよね」

結婚というのは、人生の様々な問題を二人で考えていくことです。

ですが、大多数の男性は、結婚したら妻を経済的にも精神的にも養ってあげなければと思っています。(男性がプロポーズに踏み切れない一番の壁ともいえます)そういった気持ちを和らげてくれるので、プロポーズが近づきやすくなります。

■4.「もし結婚するなら、家庭にいるか働き続けるかは相談させてね」

今の時代は、男性も女性も結婚後働いて、家庭を維持していく時代です。

ですが、先ほどもお話ししたように、大多数の男性は女性を家庭に置いて養っていかなければと考えている節があります。

こういう話し方をすれば、彼の尊厳を傷つけることなく、経済的な問題を彼が自分一人でクリアしなければならないというプレッシャーを和らげてあげられます。

■5.「二人でいると落ち着くね」

プロポーズをおぼろげながらに考えている彼にとっては、あなたがいることが当たり前になっている節があります。

一人になった時に、あなたがいるありがたみを感じることが多いのです。

あなたと一緒にいて落ち着く空気の中で生活したいなら、結婚しかないということを、ソフトに彼に対して意識させることができます。

いかがでしたか? 彼からのプロポーズが欲しいなら、彼の結婚に対するプレッシャーをはねのけてあげることを意識することです。

あなたが想像する以上に、彼は結婚についてプレッシャーを感じています。裏返せばそれは、彼がそれだけ真剣にあなたとの未来を考えている証拠。

上手に彼の背中を押して、プロポーズを受け取ってくださいね。

あなたにおすすめ