ジャスティン・ティンバーレイク「ベガス定期公演を一番上手くこなしたのはプリンス」 元恋人ブリトニーをコケに?

多くの人気歌手が夢にまで見るという、米ラスベガスでの定期公演。ジェニファー・ロペス、セリーヌ・ディオン、ブリトニー・スピアーズといった超大物シンガー達がその夢を叶え、昨年12月にはレディー・ガガも「ベガスでの定期公演が決定したわ」とファンに報告し大きな話題となった。契約を結べば莫大なギャラ、そして移動に振り回されぬ落ち着いた生活も手に入るとあって、多くの歌手が「ぜひオファーを!」と待ち望んでいるというが、人気歌手・俳優として活動するジャスティン・ティンバーレイクには“まるで興味のない話”のようだ。

「私はラスベガスのために生まれたようなものだわ。」

「そう、噂は事実よ。MGMのパークシアターで定期公演をすることになったの。」

「すごく嬉しいわ。信じられないくらいね。」

そのようにインスタグラムに綴り、ラスベガスでの定期公演が決まったと報告したレディー・ガガ。これまでブリトニー・スピアーズを含む超大物達のみがゲットしたビッグチャンスを手に入れたガガがいかに喜んだかは、この投稿も明らかであった。

しかし、ブリトニー・スピアーズの元恋人ジャスティン・ティンバーレイクはベガス定期公演には「まるで興味なし」のもよう。このほど『Beats 1』のインタビューに応じたジャスティンは、「いつの日かベガスで定期公演をする可能性は?」との問いに、「プッ」と吹き出しながらこう答えたのだ。

「まあ、その可能性を完全に排除はしないけど。でも…。」

「なんというか、そういうのって定年の計画を立ててるみたいで…。僕の言ってる意味が分かる? そういうのって僕はなんだかゾッとしてしまうから。」

「それに誰よりもベガス定期公演を上手くこなしたのは、プリンスだよ。」

元恋人ブリトニーが成功させたベガス定期公演は完全にスルーし、「プリンスが最高だった」と述べたジャスティンに多くのブリトニー・ファンは苛立ったもよう。現在ジャスティンがニューアルバム『Man of the Woods』をプロモーション中であることに絡め、「何かを宣伝する時には決まってブリトニーを批判する」という“ブリを使っての注目集め”という説まで噴出中だ。しかしブリトニーはジャスティンを非常に尊敬しており、2016年には「誰とコラボしたいか」というファンの質問に応じ、こう語っていた。

「エアロスミスとコラボしたいわ。まさに天才って感じ。ロックンロールよ。」

「グウェン・ステファニーも良いわね。彼女は素晴らしいと思う。」

「ジャスティン・ティンバーレイクもすごく良いわ。」

だが、この思いは一方的な様子。2人のコラボが近い将来に実現する可能性は、限りなく低そうだ。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ