池上彰×ビートたけし対談!「パイ投げで『この後おいしくいただきました』のテロップ見て笑えるか!」

ザテレビジョン

2018/1/25 05:00

BS民放5局では、3月18日(日)から22日(木)まで5夜連続で「BS民放5局特別企画『池上彰の5夜連続BIG対談』」を放送し、同番組の共通プレゼンターを池上彰が務めることが分かった。池上は各界で活躍する「知の巨人」5人と、日本の過去・現在・未来について語り合う。

池上は「ゲストの方々はみんな、それぞれの第一人者でいろいろな経験を積んでいます。5人の方々の体験に裏打ちされた味わい深い話を聞くと、自分を振り返り、もっと勉強したくなるそんな刺激的な番組です。番組を見て、自分なりの勉強したいポイントを見つけてください」とコメントを寄せた。

3月21日(水)に放送となるBSジャパンでは、ビートたけしを迎え、テレビの表と裏を知る2人が、あえてテレビに苦言を呈す「~報道フロアから地上波では言えないことをお伝えします~」(仮)と題し、「テレビは死んだのか?」「ネット時代の生き方」など6つのテーマを喋り尽くす。

対談内で、たけしは「テレビはスポンサーがお金を出す。お酒のメーカーが付けば、二日酔いでね、なんて言ったらもう駄目。

縛りが強くなってきて、パイの投げ合いをやると下に(テロップで)『この後スタッフでおいしくいただきました』って出るんですよ。それを見て笑えるか! っていうようなね。何かの宣伝で『あくまで個人の意見です』とかね」といった攻めた話をしたそう。

収録後の会見では「BSは規制がゆるくて、結構勝手なこと言っても許してもらえる感じがあって、こっちの方がやりやすいなって思います」と明かし、笑いを誘っていた。

また番組のテーマにちなみ“視聴率”について、たけしは「テレビの評価の仕方は、視聴率が唯一の頼りみたいなとこがあるけど、視聴率が悪くても褒められることもある。テレビ東京のドラマ『破獄』(2017年)も視聴率はよくなかったけど、たくさん賞をもらったりしたし」と自身が主演を務めたドラマを引き合いに、意見を述べた。

最後に番組について、池上は「たけしさんに2時間じっくりお話を聞いて、テレビについてずいぶん悪口言ってるんですけど、実はやっぱりテレビを愛している、本当にお笑いを愛しているということが伝わってきました」と手応えを語った。

ほか、BSフジ(18日)では橋田壽賀子、BS朝日(19日)では美輪明宏、BS-TBS(20日)では磯田道史、BS日テレ(22日)では久米宏が出演し、さまざまなテーマに切り込んでいく。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/135127/

あなたにおすすめ